2017/03/27

日本一の杉の木 高知県大豊町杉の大スギ

昨日は高知県の大豊町にある「杉の大スギ」を訪れました。




推定樹齢がなんと3000年以上といわれる大杉です。
国の特別天然記念物です。




冷たい静寂な空気が漂っていました。




説明書きにはこうありますね




それぞれ南大杉、北大杉と呼ばれる二株の大杉からなっており、
二株が根元で合着していることから、別名、夫婦杉とも呼ばれています。

南大杉は根元の周囲が約20メートル、
樹高が約60メートルで、
北大杉は根元の周囲が約16.5メートル、
樹高が約57メートルあり、
昭和27年に国の特別天然記念物に指定されました。
3000年におよぶ太古からのはるかなる歴史の鼓動が聞こえてくるようです。




私が子供の時に(1970年)の台風10号の時に大枝が折れる被害があって
大きなニュースになったのを覚えています。

大枝1本が折れてトラック7台分あったそうですね。

この時の台風ではうちの近所でも屋根の上のテレビのアンテナが倒れる被害が
多くて、確か100軒以上ご依頼があったのを覚えています。

めったに訪れない場所ですが、子供の頃から変わらない
静寂なこの空気に心が洗われる思いでした。



コメント

非公開コメント