2018/12/24

昭和の思い出 クリスマスケーキ

うちのお店の近所に有名な洋菓子のお店があって、交通整理員さんが出て大変な賑わいです。クリスマスイブですもんね。

私の小学生頃の話題ですが、いろいろな業者さんが決まったように一斉にクリスマスケーキを持って来てくれていたうれしい時期がありました。



昭和のそういう時代だったんでしょうね。
たぶん昭和の45年から50年頃じゃないかなと思います。

そんなにたくさん冷蔵庫にケーキが入る訳でもないのに、何日も食べてた思い出なんですが家族と話してると、「あれはバタークリームだったから」ってことでした。

なるほどね、今なら間違いなく生クリームを使った柔らかいケーキで要冷蔵なんでしょうけどね。
スポンジケーキもカステラみたいで、もちろん生のイチゴなんて乗ってなくてね。
ピンク色のバラの花があったり、砂糖菓子の緑色の飾りものが乗ってたり。

それから小学生の時の給食には小さなクリスマスーケーキが付いてて、
自宅に持って帰って食べたり、近所の集会所で子供会があってクリスマス会なんてのもあったんですよ。

あの頃は子供も多かったですからね。
お菓子をもらって部屋を暗くして映画を見たりしたんですよね、
「キャプテンウルトラ」なんかの映画を見た思い出があるんですよね。

ときどき、発泡スチロールのケースに入ったアイスケーキタイプのクリスマスケーキをもらった時のうれしさは感動的でしたね。

コメント

非公開コメント