2019/02/25

ホンダN-VANで高速道路走行してみました

初めて新車のNAエンジンタイプのホンダN-VANで高速道路を走ってみました。

(NAエンジンは自然吸気エンジンのことでターボじゃない普通のエンジンのことです。)



第一印象はスムーズな加速でした。

以前私が乗っていたホンダ・バモスは3速のオートマでしたがN-VANはCVT(無段変速)になったのでギヤが切替わる時のショックがないんですね。

アダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC)について


設定された車速内で、検知された前走車との車間距離と速度差に自動で追従するシステム。乗用車では最近多い機能ですけど商用バンにこの機能が付いたのには驚きですね。足をペダルから離してもクルーズ出来るのは楽ちんですね。

ハンドルのボタン操作で1キロ刻みで速度を変えることも出来ます。

路外逸脱抑制機能について

ハンドル操作を介助してくれるということでしたが、
ほとんど自動でハンドル操作してくれるのではないかと勘違いさせてくれるほどでした。

うっかりハンドルから手を放してる時間が長いと、
「ハンドルを握って下さい」という表示が出ますね。

もちろん自動運転とまではいきませんが、長距離運転の疲労度が少なくなるのは間違いないですね。

余談ですけど、
走り出すとドアに自動的にロックがかかります。でも停止してパーキングに入れるとカチッと音がしてドアロックが解除されるんですね。

また、雨の日にバックギヤに入れると自動的にリヤワイパーが作動するんですね。こういうところは商用バンとしてはなかなか親切(^-^)

コメント

非公開コメント