2024/01/29

意外な原因で故障したパッケージエアコン

とある施設様から業務用天吊りパッケージエアコンの修理依頼がありました。つい先日まで正常だったのに、急にワイヤードリモコンの表示が消えているとのことでした。

この場合は一番多いのがブレーカーが落ちている場合です。過電流か漏電してるのかななんて考えながら訪問となりました。

点検してみると、ブレーカーは正常、室外機のターミナルまで通電が確認されました。次に他の部屋にも同じエアコンがありますので、リモコンを入れ替えてテストしようと考えたんですよ。

リモコンを取り外すとあれれ… リモコンコードが1本断線してるじゃないですか。なんだ?と気を取り直して再度接続しますと無事に復旧しました。

IMG_5664_20240128180435d99.jpg

IMG_5665_20240128180435f8f.jpg

それでコードの断線の理由なんですが、一般的にリモコンコードは撚線を使うんですよ。でも、今回の現場で使われてるコードは消防用電線とか警報用電線と呼ばれるAE線だったんです。このケーブルは撚線じゃなくて単芯なんですよ。

構造図

うちでもよく使うケーブルなんですが普段使うのは0.9mmタイプです、こちらのは0.65mmと細いケーブルでした。このケーブルを使うこと自体が間違いではないのですが、被覆を剥ぐときに芯線に傷を付けちゃいますとちょっと折り曲げると簡単に切れる性質があります。

消防用電線AE

おそらく半断線の状態で今まで使ってたんでしょうね。リモコンの信号は微弱ですのでつながってる間は問題なかったと思われます。

被覆を剥ぐ時には気を付けないといけませんね。

コメント

非公開コメント