2018/01/27

自宅の畳を新しくしました

自宅の母の部屋の畳を新しくしたんです。
気持ちいいですね。

女房と畳は新しい方が良いなんて故事がありますね
(女房と味噌は古いほどよいという故事もありますからね)(笑)

いつもリフォームでお願いしている畳屋さんの出番。
市内で3代続く畳屋さんです。
お一人でされてますが超ベテランさん。
下見に来てくれて、計りに来てくれて、ようやく取替となりました。

レーザーで墨出しなんてしません。昔からの道具で手作業で寸法取り。

8畳間ですが、真ん中の2枚だけは角が直角になってまして
敷く方向は関係ないんですよね。




周辺の畳は一方向が直角で、もう一方は部屋の角度に合せて作ってるって言ってました。なので敷く場所、方向が決まっています。

引き戸の前は畳の厚さを少しだけ薄くして、戸を外す時に畳に当たらないようにしてくれてました。




畳同士の継目が合うように高さをそろえて作ってくれたそうです。

なかなか奥が深い畳の世界。

畳は乾拭きしてほしい。
初めは換気を十分しないとカビが生えやすい。
畳と縁は縦方向と横方向で色目が違うように見える。

直射日光に長時間当たると縁は傷みやすい。

この辺はいつもお客様宅で聞いている説明なんですけどね。

アフターの話題からブログにしてますが
実はビフォーの段階で一波乱ありました。

続きは次回に

コメント

非公開コメント