2023/01/22

古いノートパソコンを延命出来るか CPUの処理速度の問題

古いノートパソコンのメンテナンスを頼まれてお預かりしてます。

1台が2012年販売の東芝ノートパソコンで元はWindows7、もう1台が2013年販売の東芝ノートパソコンで元はWindows8。どちらも電源入れて立ち上がるのに時間がかかるとのことでした。

cats_20230121162108abe.jpg

まずはWindowsアップデートで利用可能な更新プログラムをダウンロード→インストールしてからと思ったのですが、肝心のこの作業に1日かかっても終わらないんですよ。

IMG_2255.jpg

ハードディスクをSSDに換装させて、メモリーを増やせばもう少し延命出来るかななんて気持ちもあったんですけどね。

一番の問題はパソコンの頭脳になるCPUが古すぎましたね、CPUは取替は出来ませんからね。最新のCPUは

PRI_20230112-094609.jpg

一方、お預かりのパソコンのCPUはこの辺りでしょうか

PRI_20230112-094728.jpg

あと、2台に共通してるのがバッテリーの劣化です。いくら充電しても残量が増えませんので電源アダプターを常時差しておく必要があります。また、東芝の方はキーボードの文字がところどころ入力出来なくなってました。

古いノートパソコンのキーボード不良はわりと多いんです。画面上に仮想キーボードを出す機能(スクリーンキーボード)を利用するか別売の他社製USBキーボードを使う方法もなくはないですけどね。

PRI_20230112-095017B.jpg


費用対効果を考えるとあまり年数の経過したパソコンにコストかけて延命させるのも得策じゃないですね。一つの判断基準は搭載されてるCPUのPassMarkを見ればいいですね。

コメント

非公開コメント