2021/10/18

結束バンドの耐候性について

インシュロックとかロックタイとか結束バンドとかいろいろな呼び方がありますけど一般的には白い樹脂製は室内用、黒いのは耐候性のある室外用って覚え方をしてます。

先日現場で見かけたのがこちら

IMG_0018459.jpg

白い耐候性のないバンドを屋外で使ったもんだから見事に切れてました。作業者の経験が浅いのか知ってて使ってたらレベルの低い作業者と言わざるを得ないですよね。

市販で多い66ナイロン製の黒なら屋外でもだいたい7年から10年は持ちます。バンドの上からビニテを巻いてればもっと寿命は長いと思いますよ。

PRI_20211015-151438.jpg

一方、同じ66ナイロン製でも白いバンドを屋外で使うと1年で切れてしまうんですよ。ぜんぜん持ちが違うでしょう。

PRI_20211015-145906.jpg

便利なのは結束バンドなんですが、実は電気工事で使うビニテの方が丈夫でして、20年以上経過しても切れることは稀です。一点注意するのは巻の最後の時に粘着面を触らないこと。触るとそこから徐々に剥がれてきます。

またここはという場所ではこちらのケーブルしばりヒモを使ってます。ヒモなんて名前ですけど耐候性があり、黒のインシュロックよりもさらに丈夫なんですよ。

PRI_20211015-150947.jpg

なので結束バンドは便利ですけど適材適所の使い方が必要ですね。

コメント

非公開コメント