2021/09/26

コダックのフォトCD 残念な結果

自宅の物置の奥から出てきたコダックのフォトCD。

IMG_8221367.jpg

28年前のフィルムデータが入ってます。当時、プリントショップさんがCDにデジタルデータで残しときませんかとご紹介して下さったんですよ。

あの頃はまだデジタルカメラはおろか、スキャナーも家庭用には普及してない時代でしたからね。写真1枚100円で1枚のCDに100枚までの写真データが入るとのことでした。珍しいアメリカ製のCD-Rです。

IMG_8222747.jpg

その翌年、当時の松下電器産業が「3DO」というゲーム機を発売しました。一世を風靡したんですが、このゲーム機はなんとコダックのフォトCDに対応してましてテレビで写真を見ることが出来たんですよ。

PRI_20210925-192914.jpg

その後3DOも数年で廃れてしまってフォトCDもそのままお蔵入りになってました。

久しぶりにパソコンに入れてみるとがっかり。データが全部消えてました・・・そうなんですよ、CD-Rには寿命があるんですよね。

PRI_20210918-145904.jpg

調べてみるとCD-Rの一般的な寿命は10年から30年らしいです、もちろん保存環境にも左右されるようですけどね。

デジタルデータというとなんか永久保存のイメージがありますけど、保存するメディアによって寿命が決まってしまうんです、今さらですがバックアップ取ってなくて残念。

コメント

非公開コメント