2021/08/28

修理でうっかりミスした話し とても小さなスイッチ

先日の日立製パッケージエアコンの修理で室内機・室外機の制御基板を同時交換したときの話しです。

制御基板は使うコネクター差込口と使わない差込口があるのがややこしいんですよ。私の場合は交換前に写真を撮りますし、使わないコネクターにはマジックで印を付けてから作業に入ってます。

また、基板は色々な機種と共用になっておりまして、小さなロータリースイッチやディップスイッチがたくさんあるんですよ。正しく切り替えするのも大切な修理ポイント。

IMG_7947665.jpg

今回無事に交換が終わって試運転したら、なんとエラーが出るじゃないですか。これには焦りました。

何度もチェックしてから通電してるんですけどね。

原因は室内制御基板のディップスイッチ設定忘れでした。

IMG_7947665b.jpg

拡大した写真がこちら、右側の電解コンデンサーの陰に1ケ単独で切替スイッチがあるじゃないですか。うっかり見落としてまして、こちらを正しく切り替えたら正常に運転して修理完了となりました。

IMG_7947665c.jpg

言い訳に聞こえるかもしれませんが、室内機での修理作業はというと2mの脚立の上の方に立ち上がって真上を向いて作業するんですよ。一段上がると高すぎて頭が当たるし、一段降りると遠すぎて見えない微妙な位置関係。老眼もあるのでなかなか大変なんですよ。ちなみにスイッチの数は全部で55カ所もありましたよ。爪楊枝の先程の大きさしかないスイッチなんです。

クリップ式のルーペも腰袋に入れることにしました(^_^;)

IMG_8032321.jpg

コメント

非公開コメント