2020/10/18

電動アシスト自転車ハリヤの旅 240年前にタイムスリップ 平賀源内旧宅を訪ねる

屋島周辺の源平合戦の遺跡を巡った後はハリヤを一路東に進めました。さぬき市志度が目的地。ここまで来ると屋島と五剣山も小さく見えますね。

IMG_7175841b.jpg

訪ねたスポットはこちら
「松ヶ崎義経十二本松」
案内板が朽ちて判読不明なのは残念でしたね。

IMG_7179746.jpg

「平賀源内旧邸」
こちらには江戸時代の発明家として有名な平賀源内の旧宅があるんですよ。こちらでは平賀源内の健康茶のお接待があって奥には薬草園が併設されてました。写真撮影が出来ます。こちら
https://goo.gl/maps/ad1cSpHA7wVpqsCa6

IMG_7168457.jpg

IMG_7158456.jpg

IMG_7160951.jpg

IMG_7162741.jpg

私の中では平賀源内というイメージは未だに山口崇さんのイメージなんですよ。
その理由はこちら
https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070220_00000

1977年版の『鳴門秘帖』第17回にも山口崇さんが平賀源内役で出演されてたんですね。子供の時に見た番組っていうのは思いのほか後々まで影響してくるもんですね。

平賀源内のウィキペディアを見ると「江戸時代中頃の人物。本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家として知られる」とありました。まるでレオナルド・ダビンチみたいですよね。

志度の町は国道を1本入って旧道沿いに歴史スポットが点在してますが、車も少なくてのどかな町ですので自転車で走るにはぴったりです。

次が「平賀源内記念館」
こちら
https://hiragagennai.com/index.html
平賀源内旧宅と記念館は共通入場券になってました。

記念館の方は有名なエレキテル(静電気発生装置)や西洋風油絵、源内焼(陶磁器)、量歩計(万歩計)など数々の貴重な品々が展示されてますが写真撮影は出来ません。外観だけですがこんな感じです。

IMG_7174953.jpg

最後に「真珠島」

IMG_7182617.jpg

IMG_7183847.jpg

昔は浜辺だったのが今では陸地になってます。石段を上ると小さな神社がありました。往時を忍ぶものが少ないのですが真珠島という名前も惹かれますし、志度寺縁起にある海女の玉取り物語の舞台となった伝説はもう少し宣伝してもいいロマンある歴史じゃないかなと思いました。

もう少し走ると「さぬきワイナリー」があるんですけど、今回はここまで。往復約30キロ。充電池の残量は50%でしたよ。

コメント

非公開コメント