2020/10/10

電動アシスト自転車ハリヤの旅 平家の里 生き木地蔵 前編

5か月ぶりの電動アシスト自転車ハリヤの旅です。四国中央市内で港通り→山田井→切山→下川→金生川→港通りをぐるっと一回りするルート。距離は約25キロ、走行時間は2時間半。バッテリー使用量は山間部ということもあってパワーモードで60%使いました。

PRI_20201004-183707.jpg

電動アシスト自転車ハリヤはこちら
https://cycle.panasonic.com/products/elh/

切山から下川に抜ける道はかなり狭くて荒れてますので乗用車ではちょっと難しいです。ハリヤのようなタイヤが太めのクロスバイクならぴったりのコースと言えますね。

地元の方にお会いすると「ここまで自転車で来たんか!」ってびっくりされてました。でも電動アシスト付きですのでぜんぜん普通に来られます。

ところで切山は平家の落人の里ですので、史跡が数多く点在してます。こちらの中央の古民家が有名な真鍋家住宅です。(桃山時代後期の建築です)今回の旅の一番の目的地は「生き木地蔵」。およそ20数年ぶりの訪問となります。

IMG_7084974.jpg

IMG_7083974.jpg

生き木地蔵の由緒は箇条書きにすると、
弘法大師が山中で像を立てる、洪水で流される、その後生き木に像を彫る。書き物によると享保16年(1730年)に仏師鈴木庄兵衛が彫ったとされる。その後木が枯れてきたので昭和54年に新たに復元して現在に至るようです。

IMG_7085764.jpg

IMG_7086975.jpg

手前の囲いがある中に元の生き木地蔵があります。奥にあるのが新しい方です。

IMG_7087673.jpg

IMG_7088665.jpg

IMG_7089651.jpg

20数年前とまったく変わらず美しく残っていて安心しました。今でこそ狭いながらもセメントで道を固めてどなたでもお参りに来ますけど、およそ300年前となると切山に来るまでも大変ですし、さらに道から奥まった細い坂道なんでかなり難儀だったことでしょうね。

IMG_7090185.jpg

IMG_7091786.jpg

IMG_7093645.jpg

IMG_7092453.jpg

古い元の方の像は残念ながらこの20数年の間にも相当劣化が進んでしまったようですね。

IMG_7094765.jpg

IMG_7096765.jpg

別の保存方法を検討されてもいい時期かもしれません。
続く

コメント

非公開コメント