2020/10/09

錠前、レバーハンドルの交換修理

最近多くなってきたのがドアの錠前やレバーハンドルの修理。4か所ほど続いたのでご紹介。こちらはアルミドアのノブにガタツキが出てうまく鍵もかからない状態でした。

IMG_2505kjsi.jpg

IMG_2506kjhu.jpg

正式名はインテグラル錠っていいますが、ある規格があって計測するポイントさえ押さえておけばどの錠前がピッタリ合うか調べることが出来るんです。

IMG_2507lkj8.jpg

もちろんメーカー名と型式が分かれば間違いないでしょうけど、今回はすでにこの分野からは撤退してるメーカー製でしたのでちょっと厄介でした。

アルミのドアの場合は特にネジの閉め加減とか簡単なようでも細かな点でノウハウがあります。

続いてドアの取っ手が垂れ下がったままで修理してほしいってご依頼がありました。

IMG_4579123.jpg

こちは同じメーカーの同等品が見つかりましたので簡単に取替完了しました。同等品さえあれば問題ないですね。

次はトイレと洗面所の2か所。レバーがガタついてきたり、表面のコーティングが剥がれてザラザラになってましたので取替となりました。

IMG_5412365.jpg

IMG_5410987.jpg

IMG_5413654.jpg

メーカーが同じ規格のものを生産完了してましたのでどれが適合するか調べることが修理の一番のポイントでした。メーカーが変わってデザインも変わりましたが問題なくぴったり収まりましたよ。

ビス穴が大きくなったところには埋木すると再びしっかり固定することが出来ます。

コメント

非公開コメント