2020/08/11

lovely rita ラヴリー・リタの話し

今日はビートルズの話しです。ビートルズのアルバムの中でも最高傑作と言われているのが「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

PRI_20200810-165700.jpg

アルバムジャケットが印象的でしたね。全部で58人の偉人が出てます、ちゃんと紹介したページがこちら
https://www.udiscovermusic.jp/stories/whos-who-on-the-sgt-peppers-album-cover

日本の福助人形も出てましたし、よく見ると白雪姫も出てたんですね。それはさておき10曲目が「ラヴリー・リタ」
”ラブリー・リタ、メーター・メイド♪”と口ずさむと楽曲が思い出される方も多いのではないでしょうか。

古い自分の部屋を掃除してたらこんな新聞記事が出てきました。1985年9月7日のおそらく産経新聞かなと思います。今から実に35年前のニュース。

IMG_4952.jpg

警官「リタ嬢」が引退とあります。そうなんです、この女性交通警察官のメタ・デイビスさんが引退したニュースの記事。

1967年ビートルズの有名なアビーロードスタジオ近くで交通違反切符を切ったことがあってその車があのポール・マッカートニーの車だったそうです。彼女の名前からあの楽曲が生まれたんじゃないかってことらしいです。

ウィキペディアによると「ポールはこのことに怒らず、力強い婦人警官への純情な恋心を歌っているラブソングで気持ちを表した。曲調はポールらしいポップなナンバーであるが、サイケデリックの要素が度々見られ、なおかつジョーク色の強い作品である。」とありました。

なるほどねいいお話しですよね。でもこの記事の中の年齢から逆算するとメタ・デイビスさんは当時47歳ってことになる!?

初めてビートルズを聞いたのがアルバム「レット・イット・ビー」で小学1年生でした。おそらくビートルズが解散直後だったんじゃないかって思うんですけど今年は50年になるんですね。メタ・デイビスさんもご存命なら100歳か、月日が経つのは早いもんです。

コメント

非公開コメント