2018/05/26

松下幸之助歴史館を訪ねる 

昨日せっかく大阪まで行ったので大阪府門真市にあるパナソニックミュージアムに行って来ました。場所はこちらです。
https://goo.gl/maps/2Hb5qiJzMC52





門真市にあるパナソニックの工場の一角にパナソニックミュージアム、
松下幸之助歴史館とものづくりイズム館という施設があります。
無料で一般開放されてます。

ここはパナソニックの発祥の地でもありますね。

我が家の前の前に住んでた家のリビングの壁にこの道の額縁が飾られてたんですよ。小学生になって漢字が読めるようになって何度も読んだものです。



今読んでもすばらしい言葉ですね。

和歌山で生まれて小さい時に大阪で丁稚奉公から始めて、
商売を覚えて苦労して会社を作って、戦争があったり幾度の困難な時代を乗り越えてここまでの会社を一代で築き上げた偉人ですね。

いろいろなエピソードととものその歴史が紹介されてました。

初期のヒット商品となったランプ





右上の商品に驚きました。



丸型反射式電気ストーブって昭和3年に松下電器が作ってたんですね。




日本ビクターを別会社のまま経営不振から立ち直らせた話はあまりにも有名ですね。



「くらしの泉」とありますが私が小学生の頃には「くらしの泉会」というのがあってナショナルのお得意様に様々な記念品を定期的に配ってたんですよね。



けっこう豪華な記念品が多かったですよ。

「熱海会談」は経営危機に際して全国の取引先と熱海で3日間かけて行われました。松下幸之助自身が涙ながらに改革を決意して合意した有名な会談ですね。



昭和37年には「タイム」の表紙を飾ったんですね。






さまざまな社会貢献をされてますね。
有名なのが大阪駅前の陸橋や京都東山一帯の保全、奈良県飛鳥保存財団の設立
浅草雷門の再建もそうでしたね。



松下政経塾も作られました。内閣総理大臣も出てますね。



たくさんの中華系のビジネスマンの方が真剣に見学していたのが印象的でした。

たくさんの子供たちが松下幸之助の銅像の前で記念写真を撮ってましたよ。
どんなことを感じたのかなぁ。



パナソニック創業100周年の記念の年に来ることが出来て良い思い出となりました。




コメント

非公開コメント