2018/05/28

パナソニックミュージアム ものづくりイズム館収蔵品

大阪府門真市にあるパナソニックミュージアムの話題の最後は
「ものづくりイズム館」の収蔵品についてです。



当店は今年で創業58年になりますが、私が生まれた時には既に電気屋でした。パナソニックが今年創業100年ですので、
ちょっとおおげさかもしれませんが約半分は私も一緒に歩んできたんです。

パナソニックのものづくりのDNAに触れられる場所が今回訪問した
「ものづくりイズム館」。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum/ism.html

歴代の家電製品が収蔵された館内は、懐かしく思い出深い家電製品でいっぱいでしたよ。

こちらのガラスの部屋の中は通常は非公開のようで残念でした。



よく見ると白黒テレビは映像が流れてました。ちゃんとメンテナンスされてるんですね。






このクーガーというラジオは当店でも販売してましたよ。
今見てもこのデザインはすばらしい。







カラフルなラジオも懐かしい、当時当店でも展示してましたね。



コンサイスコンポはテクニクスブランド。
すばらしいオーディオでしたね。



コブラトップの大きなラジカセ。
同じものを使ってたので愛着があります。



シリンダー型の掃除機もツートンカラーで斬新でしたね。



他にも























松下電器は二番手商法などとよく揶揄されたもんですが
こちらの電動自転車が日本初の電気自転車です。



宇宙でも使われた充電式ドリルドライバー



懐かしのCMを見られるシアタールームも良かったですよ。




森繁久彌さんのマックロード、三田佳子さんの愛妻号
森昌子さんのエレックさん、津川雅彦さんの画王、
キンキキッズの出演するシリーズもたくさんありましたね。

コメント

非公開コメント