2020/03/26

エアコン工事でドキッとした瞬間

エアコン工事で一番気を付けるのが何と言っても壁の穴あけですね。失敗が許されないという緊張感があります。

柱がないか、筋交いがないか、屋外に障害物がないか、何度も確認して作業に進みます。

さらに慎重を期してセンターピンを最初に開けてます。内壁が空洞なのかどうかこれで最終確認出来ます。キリもあえて先端が鋭くない、コンクリート用を使うんですよ。

そこまでして、いよいよホルソーで穴あけ。先日買い替えたので切れ味抜群。右側が新品です。

IMG_3152JDHSYE.jpg

壁の構造についても知っておく必要がありますね。こちらの住宅では、石膏ボード・木板・ガラスウールの保温材・防湿シート・木板・サイディングと壁厚150mmの間にいろいろな素材がサンドイッチされてます。

電気のケーブルやテレビの同軸ケーブルは石膏ボード・木板とガラスウールの間を通りますので、穴あけするときに、手ごたえや音で石膏ボードを開けてるのか、木板を開けているのか、そこが一番気を付ける点です。
 
木板は厚さ5mmなので開けきる直前で寸止めが理想的ですね。そうしないと壁の裏側のケーブルまで切断してしまうことになります。

今回も穴あけしてドキッとしました。隣にコンセントがあるので、ある程度予想はしていましたけど、こんなケースも実は結構あるんですよ。

IMG_3693QWE.jpg

この木板の切り口を見ると、薄く残してるのが分かるかなぁ。結果セーフでしたけど、ドキッとしました。

IMG_3718POK.jpg

IMG_3719ZSD.jpg

おまけの写真は、市内新長谷寺の大師堂前の枝垂れ桜です。工事帰りにスマホで愛車とともに(笑)

IMG_3761KHG.jpg

場所はこちら、ソメイヨシノはまだ1分咲きですけどね。
https://goo.gl/maps/pzKjrQF9RjGfdJFFA

コメント

非公開コメント