2020/02/02

天窓の防水補修

自宅の雨漏りの補修の話しです。
築25年の鉄筋コンクリート造なんですが、天窓から雨漏りするようになってしまいました。

天窓は明り取りには有効ですけど、古くなるとシール部分から雨漏りしがちですよね。シールはたいてい、ゴムとかシリコーンなんで寿命がありますからね。

目視ではなかなかどこが雨漏りの原因か判定するのは難しいですが、写真をたくさん撮影しておいて、後で液晶モニターで拡大して確認すると参考になります。

IMG_2882.jpg

何回かに分けて、怪しい部分をシール打ち替えてみました。

IMG_2882B.jpg

ホームセンターで見かけてこんなノズルを使ってみました。

IMG_3181.jpg

IMG_3182.jpg

これは思いのほか便利でした。シール打ちと仕上げが1回で終わるのできれいに仕上がりますね。

IMG_3183.jpg

ついでにコーキングガンも買い替えました。古い方は勝手にバネが戻って困ってました。新しのは樹脂製で軽くてガタツキがなくていいですね。

IMG_3192.jpg

鉄製のものよりも2倍のお値段でした、と言っても500円程なんですけどね。(笑)

コメント

非公開コメント