2019/10/17

瀬戸内国際芸術祭2019 粟島会場

3年に1度、瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に開催される現代アートの祭典。伊吹島に続いて粟島を訪れました。

IMG_1392.jpg

対岸から見た粟島です。3つの島が1つにつながったスクリュー型の島。

IMG_4775.jpg

三豊市詫間町の須田港からフェリーでわずか15分の船旅。3連休の中日ということもあって、臨時便も出て船の中は大賑わいでした。

IMG_4794.jpg

各港では必ずホワイトボードで手書きの案内が掲示されてますね。

IMG_4792.jpg

IMG_4795.jpg

まずは会場の中心になる粟島海洋記念館を目指します。おしゃれな洋館です。こちらは国立粟島海員学校の跡になります。

IMG_4796.jpg

IMG_4797.jpg

IMG_4799.jpg

IMG_4800.jpg

清国の戦艦の艦鐘があったり、機雷?があったり

IMG_4803.jpg

IMG_4802.jpg

こちらの建物自体がどこか懐かしい木造校舎ですばらしいですね。

IMG_4804.jpg

IMG_4861.jpg

IMG_4805.jpg

IMG_4862.jpg

建物の周辺にもアートがたくさんあります。

IMG_4798.jpg

IMG_4801.jpg

IMG_1407.jpg

周辺の海底から引き揚げられたさまざまな遺物が展示されてて興味深いです。ナウマンゾウの化石は底引き網でよく引き揚げられてます。

IMG_4859.jpg

IMG_4858.jpg

IMG_4857.jpg

家電製品の部品なんかも多いです(^-^;
こんな戦争の遺物もあるんですね。

IMG_4860.jpg

IMG_4863.jpg

IMG_4864.jpg

一軒の民家を訪ねました。こんなタイル画のあるお風呂はしゃれてますね。

IMG_4807.jpg

立派な神棚でした。

IMG_4808.jpg

こちらの床の飾りも芸術祭参加作品です。

IMG_4809.jpg

IMG_4811.jpg

押入れを利用した巨大な砂時計

IMG_4810.jpg

路地を歩くといろいろなアートな作品が続きます。小さな島がこの芸術祭期間中はすばらしい会場になります。普段訪れることのない小さな島にこんなにすばらしいアート作品が準備されてて、楽しめる仕掛けが随所にある。この企画力と運営してる事務局はすごいね。たくさんのスタッフの皆様に感謝

コメント

非公開コメント