2019/10/16

川之江太鼓祭り 2019年最終日 11号線交差点で差上げ 

昨日は地元の川之江太鼓祭りの最終日でしたね。うちのお店の近くでもたくさんの太鼓台が練り歩きましたよ。うちの町内では全部で12台の太鼓台、他に関船や獅子舞もあります。

最終日はお昼に川之江港に太鼓台が集まって、その後並んで川之江八幡神社に宮入りするんですが途中の国道11号線の交差点で差上げするのが1つの見せ場になってます。

IMG_4959.jpg

車輪の付いた台車の部分を取外して、かき夫が息を合わせて担ぎ上げる姿はなかなか勇壮なもんです。太鼓の音と独特の掛け声が入り混じって力強い熱気があふれます。

IMG_4969.jpg

川之江の太鼓の起源は古くて文化3年(1806年)の「役用記」という書物に記述があるそうなので実際にはもう少し古いみたいですね。

IMG_4972.jpg

当時あった太鼓台5台のうち浜の太鼓が4台ということらしいので、当時は浜の方たちは活気に満ちていたんでしょうね。関西方面とも船で行き来が多くて、祭りの文化も持ち帰って来たんではないかということらしいです。

IMG_4983.jpg

ところで川之江の太鼓台は黒とんぼで結び方も独特なんです、八ツ房が七重の中心に来るんです。また、かき夫は長襦袢。長襦袢を時には半身に流して担ぐのが粋なんです。

IMG_4986.jpg

今回も動画を3つご用意させていただきましたので、ご興味のある方はぜひ一度ご覧下さいませ。


https://youtu.be/jQwGXRxXV2k
https://youtu.be/opOOJ0hXAHs
https://youtu.be/7TaDzrsuHQ0

コメント

非公開コメント