2019/09/28

テレビの壁掛けをおすすめしない理由

今、リフォーム中のお客様から、次はテレビを壁掛けにしたいっていうご相談がありました。出来るだけご要望にお応えしたいのですが、注意すべき点も多いので十分ご説明が必要です。

テレビを壁掛けにする時の注意点

①壁の内部に十分な荷重に耐える柱などの構造物があること

②一度壁に固定すると移動が難しいこと
 
③レコーダーやDVDなどはどこに置けるか?
 (テレビとの接続ケーブルを壁裏に通すなら意外と大きな空間が必要です)

④コンセント、アンテナ端子はテレビの裏側に必要です

⑤後日、後付け機器の設置が大変です。
 (外付けハードディスク、ムービー、STBなど)

例えば病院の待合室などではテレビ単独で使用しますし椅子に座って視聴するので壁掛けが便利ですけど、ご家庭となると寝転がって視聴する場合なんてこともあるかもしれませんし、絵を飾るような感覚でテレビを壁掛けにすると意外と首が痛くなることが多いです。

またテレビには寿命があるので、買い替えたときに困らないようにも気を付けたいところですよね。

今回は相談の結果、壁掛け設置に近い感じの壁寄せスタンドをご採用いただきました。

PRI_20190918-175605.jpg

これなら5つの注意点をすべてクリア出来ますもんね。

コメント

非公開コメント