2019/08/30

エアコン工事で穴開けは気を付けないといけません

エアコン工事、特にご新築となると最高に緊張感を持って作業にのぞみます。外玄関~内玄関の床にもマットや段ボールを敷いて土足で上がらない、特に雨の日は要注意ですね。

クロスの壁に素手で触らない、腰に巻いたベルトの工具が壁に当たらないように、床の上に直接物を置かない、養生マットを敷き詰めてから工事材料や工具を1つづつ丁寧に持ち込みます。脚立の足にはさらにカバーを履かせておきます。(体重がかかりますから)

とにかく、汚したり傷つけたりはご法度ですからね。

中でもエアコン工事に当たって壁の穴開けが最大の山場になります。

柱を切らない、筋交を切らない、でも背板は構造材にビスを効かすか、しっかり適切なボードアンカーを使用しないといけません。

お施主様やご依頼のあった建築会社様には、室内機、室外機の設置場所、配管ルート、穴開け位置をしっかり確認するのはもちろんですけどね。

今回事前に建築会社の電気屋さんに、「ここにエアコン穴開けるけど電源ケーブルは上から来てる?下から来てる?」って確認してます。

「ボックスの上から入れたから、真下は何もないはずよ」ってことでしたがそれでも穴開け前に、埋込コンセントをはずしておきました。

コンクリート用の8ミリのキリでボードを開けます。(内部にケーブルがあったときに傷つけないためです。)ホルソーのセンターピン用ですね。それから長いドライバーを差し込んでぐるぐるまわして障害物の有無を確認しときます。

この時壁から浮かせたコンセントが少しでも動いたら要注意。今回もボードの真裏にケーブルがいました!

IMG_0926.jpg

もう少しで、ホルソーで傷つけるところでしたね。危ないところでした、おそらく壁の裏ではこんなルートでケーブルが隠れていると思います。

IMG_0926B.jpg

たくさんの現場に行っていると怖い経験が何度もあります。こんな場合もありましたよ。

P1000007.jpg

心配な時は、ホルソーで完全に穴開けしないで途中で止めて、引き回しノコで手引きで丸くボードをカットするぐらいでちょうどいいですね。

この現場は2分4分のうらさら7の現場なんでφ75で開けてます。

コメント

非公開コメント

No title

細かな所まで気を付けて工事されているのですね。
色々参考になりました。また拝見させてください。

No title

こうしてブログに残すことで新しいヒントも出てきたり、後で振り返ることもできるのがいいかなと思って続けていますよ。