2019/07/30

四国中央紙まつり 2019 クラシック軽自動車展

7月27日(土)、28日(日)には恒例の四国中央紙まつりが開催されてました。毎年豪華になりますね。

有名なのは映画「書道ガールズ!!私たちの甲子園」で有名になった書道パフォーマンス、それからメインイベントは紙おどり。今年は大道芸の方たちや、なんと愛媛プロレスが来てすごかったです。商店街の交差点の真ん中に特設リングが出来るなんてね。

さて、私が毎年楽しみにしてるのがクラシック軽自動車展なんですよ。

1963年マツダのキャロル。排気量が360CC。
62年発売当時の馬力が18PS。63年に20PSにパワーアップしてるらしいですけどね。このデザインはほんとにすばらしいですね。

IMG_4201.jpg

IMG_4200.jpg

1965年マツダのR360クーペ。排気量が356CCで16PS。当時としては珍しいアルミ合金製エンジンで軽量化してたようですね。発売価格が30万円と当時のスバル360よりも安い設定で人気を博したらしいです。

IMG_4206.jpg

IMG_4205.jpg

1972年ホンダバモス。驚いたことにホンダの初代バモスはオープンカータイプだったんですね。なんとユニークな車体なんでしょうね。なんと大胆なことにドアがないなんて!実物を見るのは私も初めてでした。

IMG_4202.jpg

IMG_4203.jpg

IMG_4204.jpg

もちろん全車ナンバープレートが付いてます。よく長年整備して車検を通してこられたもんですね。維持費が凄いんじゃないでしょうか。また県外からここまで走って参加された方も多くてありがたいことです。この猛暑の中エアコンのない車で窓を開けて運転ですもんね。

IMG_4207.jpg

IMG_4208.jpg

IMG_4209.jpg

IMG_4210.jpg

IMG_4211.jpg

すばらしい車を拝見させていただいてありがとうございました。(^-^)

コメント

非公開コメント