2019/07/19

電気工事で使うケーブルストリッパー

一般住宅などでの電気工事では主にVVFケーブルを使います。古い工事士さんはVAケーブルなんて別名で呼びますけどね。正式名は「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形」というんです。こんな長い呼び方する人はまずいないですけどね(笑)

PRI_20190715-182400.jpg

その被覆を剥ぎ取るのが電工ナイフ。今も売られていました新品はきれいですね。まったくモデルチェンジなしですね・・・

PRI_20190715-181506.jpg

電気工事士試験を受ける時に電工ナイフを買ったのでもう26年も同じものを使ってます。
当時教えてもらった先輩に「電線はニッパーで剥いたらいかんで、電工ナイフを使うんじゃ!」と言われてましたからね。

以前、業者仲間がさっとケーブルを剥いてる工具を見て便利な工具だなぁと感心したものの、かさ張るから腰袋に入れるには躊躇してました。やっぱり電工ナイフ派を自負してましたからね。こんなのです。

71Um2c1oxxL.jpg

ところで最近、薄くて軽くて便利な工具を発見しました。これなら腰袋に入れてもかさ張らない。見ると電気工事試験対応と記載があるじゃないですか、最近はこんな便利な工具も持ちこめるようになったんですね。

IMG_0547.jpg

IMG_0543.jpg

IMG_0545.jpg

IMG_0549.jpg

使ってみるとビックリするほど使いやすくなってますね。わりと昔からある工具なんですがかなり改善されてますね。電工ナイフ派からケーブルストリッパー派になろうかな。

コメント

非公開コメント