2019/06/27

ルームエアコンの水漏れ修理

暑くなってエアコンで冷房運転を始めると点検のご依頼が一気に増えるのが水漏れ修理のご依頼なんですよね。

このブログでも様々な事例をご紹介してきました。基本的には買った電気店に修理の依頼をするのが一番いいと思いますよ。

とは言っても、なぜ水が漏れるのか、どうしたら修理できるのか?気になりますよね。

2007年製のスタンダードのパナソニックの機種で見てみましょう。

室内機のカバーを取外してみました。正面の下部の2カ所の樹脂ツマミの下にビスがあります。あとはカバー上部の奥側に爪で引っかかってカバーを固定してますので解除すると外れます。

けっこうカビとホコリがひどいですが、これ位汚れているのは普通というかよくある程度の汚れになります。(意外と汚いんですよね)

白い発砲スチロールの皿状の部分がドレンパンという結露水を受ける部分になります。

IMG_0312.jpg

まず右奥。黒い丸いゴムキャップが見えます。これは取付配管穴との位置関係で右にある場合と反対の左側にある場合があります。

IMG_0316.jpg

今回は右側にあるので水漏れの原因は左側でした。

IMG_0317.jpg

IMG_0321.jpg

ドレンパンに水が滞留してて、ヘドロ状のゴミが浮いてますね。これが今回の水漏れの原因です。

ドライバーで取り除けるとこんな感じです。本来はこのように小さなパイプ穴があってここをドレン水が流れる仕組みです。ただ、水の流れは非常に緩やかなので、大きな塊のヘドロが来るとこのパイプ穴が塞がれてしまうんですよ。

IMG_0319.jpg

今回はヘドロでしたが、虫とか小動物だったりが原因の場合もありますね。

コメント

非公開コメント