2012/08/22

屋上の防水工事

先日、太陽光発電を取り付けした屋上の防水工事です。
ウレタン防水工法を採用しました。
 

 
工事前は、既設のアスファルトシート防水でした。カッターを入れて1枚1枚手作業で撤去します。
 

 
この暑さと、1枚当たりの重量が重いので、なかなか大変な作業でした。
 

 
シートを剥がすと、あちこちで数10センチのクラックが入っていました。今のところ雨漏りはありませんでしたが、漏れ出してからでは遅いのでちょうど良いタイミングでした。
 

 
既設防水シートの撤去後に高圧水洗浄して、ポリマーセメントをコテ塗りします。
 

 
その後、防水ウレタンの主材を2回塗りしてウレタントップコートを2回塗りして完了です。ピカピカの仕上がりです。
 

 
これで、当分雨漏りの心配は不要です。
架台はアルミ製でアンカーボルトはステンレス製を使用した耐塩害地仕様です。
 
当社は電気店ではありますが、一般建設業の登録で建築工事業を取得しております。今回は熟練の外注業者様中心の作業でしたが、二級建築士の視点で、お客様の立場に立った適切なアドバイスと丁寧な工事をさせていただきます。
 
 

コメント

非公開コメント