2012/12/20

住宅展示場にエアコン新設3台

住宅メーカー様からのご依頼です。
展示場に使用しているので、美観重視で慎重に取り付け工事しました。
 

 
1台目2階洋室、ダイキン2.8KW。
 

 
 

 
 
2台目2階洋室、ダイキン3.6KW。
 

 
天井センターの照明器具と通り芯を合わせました。
 

 
3台目、リビング。ダイキン5.6KW。
 

 

 
配管カバー、イナバのスリムダクト、カラーは壁に合わせてホワイトです。
 

 
2階のエアコンは、隣の田んぼから3連スライダーをかけさせていただきました。
ミカンも写って、愛媛らしいショットでしょ。
 

 
こちらのお家の外壁は最近多いサイディングではなくて、ALCという材質です。
軽量気泡コンクリートなんです。軽くて丈夫で、断熱性や遮音性も高い優れた材質なんですが、エアコン工事では穴あけが大変です。
 

 
穴あけ時に大量の粉塵が出るんです。マスクして防止被って作業しました。
 

 
ALCそのものは、柔らかいので穴あけはスムーズですが、中に鉛筆ぐらいの太さの鉄筋が入ってるので、これを切断するのが大変です。
 
力を入れすぎないように、ドリルの回転数が落ちないように、鉄筋が出るのを予想しながら穴あけします。
 

 
我々のような専門業者は外壁の材質によってドリルの刃を使い分けます。
 
鉄筋コンクリート用が2種類、木・土壁用、金属板用、サイディング用、そして今回のALC用があります。
 
ALC用はALCのみに使用する専用のものを使用します。
それは、やわらかいコンクリートと硬い鉄筋の両方を切断するためですが、刃の隙間が鉄筋よりも狭くなっているのが特徴です。
 
他の同業者さんの話ですが、サイディング用のホルソーで強く壁に当ててALCに穴あけしてて、鉄筋がドリルの刃に食い込んで、ドリルがねじれて手首を骨折した人が居ました。
 
それ以来、専用のホルソーで慎重に作業するようになりました。
 
朝から初めて、終了は3時になりました。十分時間をかけて、丁寧に作業をさせていただきました。
 
当店へのご依頼ありがとうございました。
 
 
 

コメント

非公開コメント