2013/01/23

たかがスイッチ交換、されどあなどれません!

近くの学校から、「照明器具のスイッチが時々効かない」のでと、点検のご依頼がありました。
 

 
黒板下のスイッチです。一目見て、かなり旧式のスイッチだと分かります。おそらく30年くらいは経過しています。
 

 
旧式のスイッチは端子がネジ止め式です。経年変化で端子が緩むと、接触抵抗が大きくなります。だんだん発熱してきて、被覆を溶かしていきます。
 
大勢の子供さんが集まる学校なので、感電事故やスイッチが焼損すると大変なことになります。
 

 
一般的なフルカラータイプのスイッチは、端子が差し込み式で、バネで端子がはさまれる構造ですので、ネジのように緩むことはありません。
 

 
壁埋込のスイッチやコンセントに異常を感じた時は、お早めに電気店に点検のご依頼をお願いいたします。
 

コメント

非公開コメント