2013/01/24

中学校に40型液晶テレビ13台 天井吊下げ

今日は社員と3名で、市内中学校に液晶テレビの納品に行きました。
 
納品するのは三菱電機製、液晶テレビ40型13台です。
 

 
学校に納品するテレビには、学校ならではの細かな仕様に応えた機種でなければなりません。
 
パソコンやビデオとの接続も考慮し、スピーカーの出力やビーキャスカードのいたずら防止カバーなどすべての仕様に応えるのは三菱電機製のみです。
 

 
 
天井吊下げ金具は建築側の工事担当です。
 
今回はテレビに固定するボルトがありませんでした。金具を取り付けた業者さんが置いて行くのを忘れたそうです。確認すると、業者さんは今、大洲市で作業中とのこと、ボルトが間に合いません。
 
急遽、ボルト78本をダイキに買いに走りました。現場工事では様々なイレギュラーもあります。
 

 
ただ、テレビを吊下げるだけなら簡単なのですが、問題は配線接続です。
 
最近の公共工事の標準仕様では、接続箇所は天井裏にあります。
つまり、吊下げ金具のパイプの中を電源ケーブル、アンテナ線、ピンコードを通さなければなりません。
 

 
パソコン用のRGBケーブルを接続して、液晶画面保護用のアクリルカバーを装着し最後にチャンネル調整して完了です。
 
同じ作業を13箇所続けます。
 

 
少し前まで、予算の都合で普通教室は32型を納品してましたが、今回は価格も下がったので40型にサイズアップしました。
 

 
それにしても、新築の校舎は気持ちがいいですね。
 

 
廊下の窓からは、海が見えて絶好のロケーションでした。
 
朝9時半から作業開始して夕方5時前には設置が完了しましたが、実は仕事はまだ残っています。
 
古い校舎の、既設アナログテレビの撤去です。
 

 
撤去は台数が15台あります。おまけに、高所設置だし、一番困ったのはテレビがチョークの粉だらけだった点でした。
 
ふと、黒板見ると「プリントがんばる」の文字発見!
 

 
とりあえず、全て1階まで降ろしました。明朝、リサイクルに出します。
 
地デジ後の、市内小中学校様への液晶テレビの納品はこれでのべ52台となりました。ありがとうございました。
 
 
 
 

コメント

非公開コメント