2013/03/05

壁面取付が主流になりましたアンテナ工事

新築のお客様から、アンテナ工事のご依頼がありました。
 
地デジとBSアンテナの取付です。
 

 
使用するのは、いつものマスプロ製の機材を準備しました。

事前に住宅メーカー様側で同軸ケーブルの配線工事は済ませていただいて
おります。

道路側にCATV用、南面のベランダにはBS用、テレビ塔側には地デジ用
と三箇所に分けて、ベストポジションにケーブルをご準備いただきました。
 

 
まずは、ベランダにBSアンテナを取付します。
取付金具は錆びにくい、溶融亜鉛メッキ仕上げの物を使用します。
取付ビスはステンレスで、取付場所には全てコーキングで防水シールします。
 

 
太陽光発電が今のように普及するまでは、新築でもアンテナ工事といえば屋根の上に屋根馬を付けて、四方を針金で引いておりました。
 
現在では、屋根上に設置するケースは少なくなりました。美観的にも、屋根の保護の点からもこの方がよろしいようです。
 

 
窓の右側に見えるのが地デジアンテナです。
 
今回のように、BSアンテナと地デジアンテナが別の場所に付く場合は
室内側にBS混合ブースターを取付けします。

 

 
最後に、レベルチェッカーを使って、ブースターの出力調整をした後、
全てのチャンネルのレベル、C/N比、ビットエラーレートを記録して完了です。
 
アンテナ工事には、地域によって違う様々なノウハウが必要です。
特にご新築の場合は、長期間に渡って安定した電波の受信が求められます。
専門の知識と経験の豊かな、地域電気専門店におまかせ下さいませ。
 
 
 
 
 

コメント

非公開コメント