2013/03/11

エネルギーを「見える化」 ! HEMS(ヘムス)取付け

皆様はHEMS(ヘムス)をご存知でしょうか?
 
ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略だそうです。
 
ごく簡単に言うと、家庭で使用するエネルギーを「見える化」する装置です。
 
 

 
 
何がすごいかと言うと、この商品は希望小売価格が\112,350.なんですが、国からの補助金が\100,000.も出るんです。
 
新製品が出た直後にメーカーの販社の担当者様から、いち早く情報は入手しており、のんびり構えておりましたら、4月からは補助金が減るとの情報が入り慌てて、自宅に取付けることにしました。
 
どうも動機が不純で申し訳ございません。
 
我家の分電盤周りですが、2世帯住宅なんで分電盤はメインと2階用と離れ用と3箇所あります。ヘムスはメインの分電盤に取付けました。
 
 

 
 
当初は普通に壁面に露出取付けをもくろみましたが、家族から反対の声が上がりました。そこで、今回はパイプスペースに隠蔽取付けを選択しました。
 

パナソニックの商品は「AiSEG」(アイセグ)と呼ばれる主装置とエネルギー計測ユニットがセットになっています。
 

 
主幹ブレーカー100Aの一次側のCVケーブル38SQにCTというリング状のセンサーを2個取付けます。これで、電気の全体の使用量を把握出来ます。
 

 
次に子ブレーカー側にCTを取付けます。標準仕様で全部8個付属してます。
エコキュートやエアコンなどなんでもOKです。
 

 
CTから出た細いリード線はそれぞれ「特定負荷1」から「特定負荷8」までシール分けされてます。それを、計測ユニットに接続します。
 

 
計測ユニットと「AiSEG」(アイセグ)は無線でカップリングさせます。
アイセグはLANケーブルでルーターと接続します。
 

 
小さなディップスイッチを切換して、機器ごとに設定を入れます。
 
モニタリングはパナソニックのテレビ「ビエラ」、スマートフォン、パソコンなどで監視できます。我家の場合は、iPAD2に接続しました。
 

 

 

 

 
 
取付が終ると、早速モニタリングしてみました。
現在の電気使用量、機器ごとの使用量が瞬時に表示されます。
エアコンのスイッチを入れると即座にエアコンの電気代が表示されます。
 
これは、すごい技術ですね。このモニタリング機能はアイセグのごく一部の機能にしかすぎません。まだまだ、他にもたくさんの機能があるようです。
 
この機械を付けると、無意識のうちに、省エネや節電の意識が高まるそうです。それが、国が高い補助金を出してまで普及をさせたい目的なんですね。
 
最後に、補助金の申請ですが、
 

 

 
全部で11枚の書類が必要ですが、過去の補助金申請と比べるとかなり簡単になっておりました。
 
 
 
 

コメント

非公開コメント