2013/03/12

太陽光発電の現地調査

棚卸しも終って、新築現場も基礎工事待ち、ちょうど今は仕事が比較的のんびりしてます。
 
今月も後半に入ると、お引越し関係のエアコン工事、インターネット工事が50件程予定がありますので、嵐の前の静けさといった感じでしょうか。
 
ということで、先延ばししていた太陽光発電の現地調査をしました。
自宅を含めて4箇所あります。
 

 

自宅は鉄筋コンクリート2階立ての屋根の上です。
パナソニックに依頼すると、ステンレス製横葺き屋根は対応出来ないそうで、今回もいつもの松山市の業者さんに特注金具での対応を検討してもらっています。
13KW位は乗りそうなので楽しみです。
 
次は写真はないんですが、車庫の2階屋根で太陽光発電のために今回建て替えします。南向きの片流れ屋根を予定しています。
 

 
次は、この車庫のお隣さんからのご依頼で鉄筋コンクリート2階建ての陸屋根です。
敷地内にこのような建物が2棟あります。
特に営業した訳ではないのですが、「何をしてるの?」から始まってお話を進めるうちに話が決まってしまいました。
 

 
次に、近くの畑なんですが、農地転用して、野立ての太陽光発電設備を作ります。こちらは、司法書士の先生に事務手続きを依頼中です。ちょうど100坪の正方形の土地です。近日中に地耐力の検査をします。
 
この畑の近所のミカン畑も依頼されてますが、次回の設備申請にさせていただきました。
 
数日前には、内の母が「私の友達んちが、太陽光発電付けたいそうよ」ということで、「まかせえるから、お願い」とまで言われてますが、自宅の工事が終ったらお見せするので待ってもらっています。次回の設備申請になりますので、慌てない方が得策です。
 
松山の業者さんに、駆け込みの設備申請件数はどれ位あったかお尋ねすると、「多い電気屋さんは一社で12件も申請依頼あったよ」とのことでした。県内だけでも相当な数にのぼりそうですね。
 
4月以降売電価格は見直しされますが、まだ、1年~2年は太陽光発電フイーバーは続きそうです。

 
近くの野原でみつけたツクシです。条件が良かったのか、いっせいに出て来ました。玉子とじにすると絶品なんですよね。

コメント

非公開コメント