2013/03/23

エアコン工事 室外機屋根置き

ご近所のお客様から、エアコンのご注文をいただきました。
パナソニックのお掃除エアコンです。
 


日立の10数年前のタイプの入替です。大幅な省エネになりますね。
 
取付けた業者さんが当時、壁の貫通部分にスリーブ(パイプ)を入れて無かったそうでそれが原因で、そこからネズミが侵入して、エアコンを修理したことがあるそうです。
 
空気を遮断する役目もありますので、よほどの事情が無い限りスリーブは入れる必要があります。
 

 
また、当時の屋外の配管はテープ巻き仕上げでした。長年の風雨と紫外線のため、テープと中の保温材なども朽ち果ててむき出し状態でした。
 

 



当店では標準工事が配管カバー(スリムダクト)仕上げですので、長期間美観が保たれます。
 
ドレンホースも当店では紫外線劣化しにくい耐候性のものを標準で使用しております。
 


また、室外機が屋根置きでしたが、前回の業者さんは、機械の下に角材を敷いて窓の手すりから針金で縛りつけてました。
 

 
当店では、専用の屋根置き金具を使用します。
 
エアコンは5年保証がついて、価格も量販店と差はございません。工事もていねいに1台1台させていただいております。
 
エアコン工事のご依頼は、シーズン前をおすすめします。
 

コメント

非公開コメント