2013/04/12

電気屋さんの日常作業 CATV工事でハマる。

今朝は早出しました。取引先の設計事務所様からの急なリフォーム現場の電気工事の見積作業のためです。
 
9時過ぎからは、寒川町でCATV工事。外車が何台も並ぶ鉄筋の大邸宅でした。
 

 
写真で見るとのどかですが、海からの強風で、鉄筋なのに金属葺きの屋根で滑りやすくて怖かったです。(同じ高さでも、電柱は平気ですが、屋根の方が怖いです。)
 
手間のかかるのが分かっていたので珍しく2名作業でしたが、見事に予想通りにハマリました。
 
終了したのは午後3時を過ぎてました。
 
原因は第1に、電話配管内がホームテレホン用の多芯ケーブルで占有され利用できなかったので、天井埋込エアコンの冷媒配管ルートを利用して、同じく天井埋込照明器具を外して1階の天井裏を隠蔽配線したため。
 
第2に、テレビの分配器の場所が分からず探すのに手間取りました。結局2階の天井裏に有ったのですが、天井裏へ入る点検口も何箇所もありました。
 
第3に、保安器が建物の真反対にあったため電話&インターネット線、テレビ線が長距離になりました。外線業者さんが電話入線を考慮して設置して下さったんですが、前述のとおり電話配管が利用出来ませんでした。
 
第4に、STBの設置場所が変更、「最初はリビングに、いや和室に、やっぱりリビングに取り付けて!」まあ、よくある話ですが・・・
 
第5に、シャープのテレビ、レコーダーが不調。適正な信号レベルにも関わらず、Eテレのみ受信できず、悩まされましたが、結局テレビにはマイナス10dBのアッテネーター、レコーダーにはマイナス6dBのアッテネーターで問題をクリアしました。悩ましかったです。
 
救われたのは、ほんとに優しいお客様で、お茶や紅茶、お菓子など出してくださり、「少々映らないチャンネンルがあっても構わないよ」とまで言われましたが、こちらもCATVのエキスパートを自負しておりますので、中途半端では帰れません。
 
帰社すると、液晶テレビの修理依頼。
とりあえず、お店に持ち帰り診断して部品発注。
 
次に全自動洗濯機の配達。
 
次に、現在進行中のリフォーム現場で大工さんと打ち合わせ。
 
次に以前工事させていただいた太陽光発電のお客様宅で市の補助金申請打ち合わせ。
 
ラストが午後6時半スタートで集合住宅でインターネット工事、パソコンの設定など。
 
こんな一日でした。

コメント

非公開コメント