2013/04/22

費用を抑えた新築でのアンテナ工事

ご近所の新築からご相談がありました。
 
出来るだけ費用をかけないでアンテナ工事をしてほしいそうです。
 

 
住宅メーカーに依頼すると普通にアンテナを立てられちゃいます。
 
お伺いすると、すぐ隣に母屋があり、そちらに既にアンテナ設備があります。
 
レベルチェッカーでチャンネルごとのレベル測定をした結果、十分な強さがあり母屋から分岐すれば大丈夫だと分かりました。
 
同軸ケーブルは雨どいの中を通せば目立ちません。
 

 
現場は川之江城のすぐ下でした。
 
この工事での難関は、屋根の上でした。
 

 
屋根と一体型の太陽光発電パネルがあるため、歩ける場所が瓦2枚分しかありません。姿勢を低くして、パネルを手のひらで押えながら進みました。手袋をすると滑りやすくて、素手だと熱くて大変でした。
 
工事自体はシンプルな作業なのですが、プロとしてのこだわりは、やはり新築ですので美観に気を付けます。露出部分はテープの色を変えながら、目立たなくします。
 

 
もう一つは、ケーブルの固定にはビスや釘を使用しない点です。
 

 
工事後に室内で全チャンネルのレベル測定をします。
すべて、データは記録して保管しておきます。
 

 
 

 
数値だけでなく、実際に映像と音声を出して確認します。
 
最小限の費用で、十分な性能を発揮出来るように配慮しました。
 
最後にお客様から「きれいに工事してくれてありがとう、お宅でテレビを買わせていただくよ」とありがたいお言葉を頂戴しました。
 
当店にご依頼いただき、誠にありがとうこざいました。

夕方、お店に帰ると炊飯器を買いにお客様がご来店されました。

わざわざ新宮町から来られました。「いろいろ電気屋があるのは知ってるけど、お宅で買うと安心だから」とのことでした。
 
お土産に「たしっぽ」を下さいました。
 

 
おいしい調理法までお教え下さいましてありがとうございました。
 
子供の頃には野山で、かじった覚えがあります。
 
ネットで調べると正式には「イタドリ」って呼ぶんですね。全国的にはあまり食用にはしてないみたいです。
 
確か、苦くてすっぱくて・・・。せっかくのご好意なので、今晩食べてみます。
 
 
 
 
 

 

コメント

非公開コメント