2013/10/22

温水洗浄便座の取替え2台


 
 

 
 
この商品のことを通称「ウォシュレット」と呼びますが、正確にはTOTO製の商品名なので、
今回のパナソニックでは、「ビューティトワレ」と呼びます。
 
同じお客様ですが、1台は20年お使いいただき、もう1台は12年前に私が取替えして今回2回目の取替えです。
 

 


1階と2階の使用状況で随分と寿命も変わってきますね。
 
この商品は当時と比べて、飛躍的に省エネになっています。
当時は、大部分の使わない時間も便座とお湯を温め続けていました。冬場などはかなりの電気の消費量です。
 
最近のものは、ダブル瞬間式と言いまして、トイレに人が入った瞬間にセンサーが感知して、便座とお湯を温め始めます。
 
便座はほんとに瞬間で温まるんです。なので、超省エネですよ。
 
ところで、こちらの取替えには、上水道を工事しますので、給水装置工事主任技術者の資格が必要です。
一部の大型店では、怪しい工事も見受けられますが、厳密には市の指定給水工事業者でないとダメです。市のホームページにも、

「新しく水道を引かれるとき、増設及び改造、その他あらゆる水道の工事をされるときは、下表の指定給水装置工事事業者に申し込んで下さい。」とあります。
今日現在のリストで確認しましたが、お名前は無いようです・・・。
 
メーカーの工事説明書では、付属の給水管を使用し、長すぎる場合は右のように折り曲げて接続するよう指示されています。
 


また、実際にこうした工事をよく見かけます。

当店ではこのような工具を使って、ぴったりの長さに加工して、直角に配管しますのできれいに仕上がりますよ。
 


水道屋さんでは当たり前ですが・・・。

コメント

非公開コメント