2014/11/25

エアコンのお掃除ロボットの実力

パナソニックでは大部分の機種がお掃除ロボット付きとなりました。

室内機のエアフィルターの上をロボットが移動して、換気ホースで吸い出して屋外に
排出する仕組みです。
 
こちらが取付けてちょうど1年後のエアコン内部です。
 

 


ご家庭のリビング洋室ですので、このようにきれいにホコリが除去されていい感じですね。
 
もし、お掃除ロボットなしの場合どうでしょう。
 


取付け3年間、お掃除しなかった場合はこんなになります。
臭いも出ますし、カビの原因にもなりますね。
吹出し風量が減って能力が落ちますので、電気代も余分にかかります。
 
ただし、お掃除ロボットも万能ではありません。
台所などホコリに油分があると取れませんし、極端にホコリが多いと取りきれませんので定期的なメンテナンスが必要です。かえってお掃除ロボットの無い方が良い場合もあります。
 
こちらが取付け8年後の室内機内部です。
 

 


接骨院さんのベッドの上にありましたので、ホコリが多いのとお灸の煙でホコリに粘着性があるようです。
フィルターをすり抜けた細かなホコリが熱交換器に付着してました。
換気ホースの中もホコリで詰まり気味でした。
 

 
数年前に専門業者さんにクリーニングしてもらったそうですが、
どうしても、取付けたままでのクリーニングには限界があります。
今回は一度取り外しての分解洗浄をおすすめしてましたが
ご検討いただいた結果、お掃除ロボットなしに買替えていただきました。
 
エアコンも適材適所に機種の選択が大切ですね。
お気軽にご相談下さいませ。

コメント

非公開コメント