2015/01/29

LEDシーリングライトの取替え 今月22灯目

昨日お店に近所のお客様が来店して
  

  「レッド下さい!」

  「レッドって何のことですか?」

  「ほら、話題になってる省エネの明るい分あるじゃろ」

  「ひょっとしてLEDのことですか?」

  「レッドじゃないんかいの?」

お客様が帰られた後、みんなで「レッドは初めてじゃな」
って話題になりました・・・

相変わらず、LEDシーリングライトの取替え依頼が順調です。
今年に入って22灯目でした。













夕方、近所の同業者の電気屋さんで

  「オレは今月22灯取替えたで!」って話したら

  「うちは30灯くらい替えたで!」って返されました。
爆発的に普及し始めてますね。

一軒で一灯LEDにすると、続いてご注文が来るのがすごいことです。

共通したおすすめ方が

必ず、メーカー品をおすすめすること。
聞いたことのないようなメーカーの低価格商品がありますが
離れてみるとカバーが斜めになっていたり、暗かったり、故障したり・・・

必ず、ワンランク明るいのをおすすめすること。
6畳には8~10畳用、8畳には10~12畳用。
それでも十分省エネです。

LEDの寿命は40,000時間と言われていますが、
一日5.5時間使用して20年となります。このとき光らなくなるのではなくて
明るさが70%になったときを寿命としています。

つまり、LEDは使用する時間によって徐々に暗くなるのです。
なので最初にぎりぎりの光量のものを販売してしまうと、
数年後には「なんか暗いぞ」ってなりかねませんからね。

販売当初明るすぎてもリモコンで暗くするぐらいがちょうど良いと思います。

コメント

非公開コメント