2015/02/23

パソコンの勉強会に出席 その3

先日のパソコン勉強会ですが、
こんな修理方法があるのかと初めて知ったやり方です。

とあるメーカーのWindows7。
AMDのCPUで多い症状だそうですが、電源入るも画面が表示されない。
チップセットの半田不良が原因と推測されるケースです。



裏ぶたのネジを外して、キーボード、液晶を取り外して基板を取り出します。












アルミホイルを敷いて アルミホイルを丸めてかさ上げして、基板を乗せて




基板の上に四角に穴あけしたアルミホイルを敷いて、



左手に放射温度計、右手にヒートガン。



温度計を見ながら半田の溶けるある温度である時間温風を当てます。



ゆっくり冷めるのを待って再度組立、無事に修理完了でした。

チップセットの微細な半田の入ったホールを再度温風で溶かし直す方法ですね。
オーブンで基板を焼くというネット情報も見たことがありましたが、
この方法は温度管理がしっかり出来ていいですね。

実際には、作業中に細かなノウハウがたくさんありましたよ。

コメント

非公開コメント