2015/04/28

天空の山城 備中松山城を訪ねる 岡山県高梁市

年に一度電気屋仲間でバスを借り切って一泊旅行に行っています。
もう20年ほど続けています。

同業者の皆さんもだんだんと2代目に代わられてきて、
私も気が付くと年代が上から3番目になってました。(笑)

初日訪れたのは岡山県高梁市の天空の山城で有名な備中松山城。
このポスター見たことないでしょうか?



最近では山城では竹田城が有名ですが、備中松山城は、
現存天守を持つ山城としては最も高い所にあるお城だそうです。




問題は道が狭く容易には来れません。
バスからタクシーに乗り換えて走ること10分、さらに徒歩で20分ほど歩きます。
地元のガイドさんが同行下さいました。

太鼓櫓から望む高梁市内の様子





かなり険しい山城だって分かります。標高が430mですからね。
ただこれが奇跡的に後世に城が残された訳でもあるようです。

すがすがしい新緑でした。



天然の岩盤と人工的な石垣の融合が見事です。桜よりもモミジが多いので秋もすばらしいことでしょう。






追手門跡を抜けるといよいよ天守閣が見えます。







石垣のそばには雪隠跡もありました、籠城の際に石垣を登る敵に攻撃する役目もあったとのガイドさんのお話でした。



天守閣内部





天守閣からの眺め




興味深いのがこちらの古い修復前の写真



場所が場所だけにここまで資材を運ぶのに市民の方の多大な努力があったそうです。子供さんたちが、1枚づつ瓦を運ぶ写真もありましたね。

最後に市内に戻って、おもしろかったのがこちら、



バスを止めた駐車場には高瀬舟と呼ばれていた高梁川を行き来した運搬船が復元されていました。
細長くてかなり大型で驚きました。



皆様も連休を利用して、岡山県高梁市を訪れてみませんか、
城下町の街並みが残ってすてきな町でしたよ。

旅行日記みたいになりますが、観光した場所を順にご紹介したいと思います。


コメント

非公開コメント