2015/12/28

お寺の世話人という仕事

父が他界して始まったお寺さんとのお付き合い。

それまでうちは分家なのでお墓もお仏壇もありませんでした。
ましてお寺さんとのお付き合いとは無縁でした。

先代のご住職さんから650年続くうちのお寺はたくさんの世話人さんで維持されてる
ぜひ一緒に手伝ってほしいとご依頼があって早や14年となりました。
現在川之江町、金生町、上分町を担当してます。

ほんとに色々な檀信徒様がおられます。
会社経営で成功された地元の名士の方から、御一人暮らしのお年寄りの方まで。

毎年この時期になると1軒1軒まわってお初穂っていうのを集めます。
代わりに年によって違いますがカレンダーだったり、ちょっとした記念品をお配りします。
お初穂の一部は本山会費として高野山に納められます。
すごいシステムになっています。

仕事を休止して丸1日かかりますので、自営業の私にとっては楽な仕事ではありませんがこれが終らないと新年を迎えれない気がします。

若い世代ではお寺離れも懸念されますが、南北朝時代から続く歴史あるお寺なのでほんとに微力ですがお手伝いしています。





                    

コメント

非公開コメント