2016/02/23

ヒノキのタッチシートで柱を美装

先日のキッチンのリフォームでキッチンボード横の柱がそのまま残りました。
塗装仕上げでしたが長年の使い傷みで釘穴などもありました。

当初はそのままで大丈夫っておっしゃってたお施主様ですが
完成するとやはり補修して欲しいとのご要望。

リフォームするところとしないところの境目が気になるのはよくある話ですもんね。

柱にもキッチンボードを貼る方法がありますが、
小口を隠す見切りがまた入ってしまいます。

こういう場合に活躍するのがヒノキのタッチシートです。
本物のヒノキのシートに両面テープが付いてます。
ホームセンターにはありませんが製材所などには売ってます。
長さは3mあります。材質が自然な物なので値段は割と高いです。





まず塗装してある柱の表面を240番程度のサンドペーパーで磨きます。
ウエスで切粉をふき取ります。
長さを計ってシートを切ります。

柱の直角が出てない場合もありますので切る前に合わせる方が良いでしょう。
幅方向は長いまま貼り付けます。

この時木の年輪を見て上下を間違わないように。
ウエスでシートを擦って十分に密着させます。

カッターの刃を長く出して柱の直角面に当てて真っ直ぐに切り下します。
刃に気を付けて指で軽く押さえると失敗しません。

最後に接着面の小口側(カッターの切断面)を馴染ませる方向に当て木をしたサンドペーパーで磨くとあら不思議。
見た目はヒノキの柱に早変わり。






何年も前に施工したお客様宅に行っても全然剥がれてなくて丈夫です。

リフォームの豆知識でした。

コメント

非公開コメント