2016/02/24

新築でエアコン工事4台 穴開けに注意

一昨日は隣町でエアコンとアンテナ工事でした。
朝7時半出発。前日に部材は積み込んでます。

ビフォーとアフター写真では分かりにくいですが
いろいろなノウハウがあります。









エアコン工事で一番気を使うのはやはり穴開けですね。

窓と壁の寸法とカーテンレールの位置関係、他の部屋のエアコンとの関係もありますし、壁の中の構造。
柱や筋交いがないか、壁裏に配線がないか。
穴開け位置の近くにコンセントがあると要注意です。

また、屋外に障害物がないか、美観的にどうかなど総合的な判断が必要です。
穴開け時の切粉の処置方法もテクニックがあります。

今回は穴開け位置のすぐ下にコンセントがありました。





一手間かかりますが一旦コンセントを取外して壁の裏を探ることも大切です。
一気に開けると壁裏の電線まで切ってしまう心配もありますからね。

壁の中に釘がある場合もありますね。柱のすぐ横は要注意。




センターピン開けて柱と筋交いの無いのを確認して、
石膏ボードだけ開けて、木質材を開けて、保温材切り裂いて、屋外にセンターピン
貫通させて、最後に屋外からサイディングと木質材を開ける。

住宅メーカー様によっても構造が違いますので経験が要るところですね。

当店では住宅の構造によって適切に工事方法を変えております。

元気のある社員さん募集中です!

コメント

非公開コメント