2016/03/26

エアコン工事が続きます パナのXSエアコン

エアコンの取替えのご相談がありました。
それも2台まとめてです、ほんとにありがたいです。


「 カワマサさんはいつも良心的にして下さるからおまかせします」

 「これなんかいかがですか?日本製で暖房が良く効いて快適ですよ」

 「じゃ、それでお願いします」
ってことでパナソニックのXSエアコンを2台お買い上げ下さいました。

カタログによると最高吹き出し温度は約60℃、足元で約40℃になります。
今までは暖房時に時々運転を止めていた原因である霜取り運転がありません。
これって寒い冬には重要なポイントです。




寒い朝に限って霜取り運転で止まるのが今までのエアコンの弱点でしたからね。
また、世界初の機能で暑い、寒いの感覚を一人ひとり見分ける機能が付きました。
すごいセンサーの技術革新です。

工事面では初めて下穴開け不要のボードアンカーを使いました。
これは楽ちんです。




今までは8ミリの下穴を開ける作業がありましたが、いきなりアンカーを打ち込めます。

1台目はばっちり取付完了。



2台目を取付けてみると、室内機が傾いてました。



いえいえそんなはずはありません。
夏場のドレン水を屋外に排出するために水平取付が基本です。
何度も水平器を使って確認しながら作業してますので。




実は天井が傾いてるのが原因です。
それでエアコンが傾いて見えるんです。

あまりストレートに天井が傾いてますよってご指摘するのは失礼なので、
やんわりと水平器を当てながら実際にお見せしておきます。
これを怠ると後で他の家族の方が見てエアコンが傾いてる!
ってことになると困りますので。

実は天井が傾いているお家はよくあります。
ちょっと対応に苦慮するところです。

おまけの写真
金生側沿いの桜。



ようやく咲き始めましたよ。

コメント

非公開コメント