2019/07/21

ブドウの袋掛け のんびり日曜日

梅雨が長引いたおかげでわりとのんびりした日曜日になっています。
家電量販店の週末のチラシを見ても「エアコン即日取付します!」ってまだ出てるので今のところ工事枠にも余裕があるんでしょうね。

さて、我が家のブドウもそこそこ実が大きくなってきたので袋掛けしてます。マスカットのように見えますがベリーAなんで熟すと濃い紫色になるんですよ。

IMG_0561.jpg

IMG_0562.jpg

この後大きな台風さえ来なければ順調に収穫が出来るんですけどね。

ところで夕方は雨さえ降らなければ高知県の赤岡という町の祭りに行こうと思っています。有名な絵金祭りの最終日ですからね。

幕末の絵師、金蔵が描いた独特の芝居屏風を軒先に飾って楽しむという珍しいお祭りなんですよ。こちら
https://www.ekingura.com/festival/

薄暗がりのなか蝋燭の明かりで見る絵金の芝居屏風はおどろおどろしい独特の世界が広がります。また、絵の中にユーモアや皮肉をこっそり隠してますのでその隠されたメッセージを探しだすのがまた楽しみなんです。

44648.jpg

1枚の絵の中に長いストーリーを同時に描写するというテクニックに驚かされます。また、ダビンチコードという小説や映画がありましたが、絵金の屏風絵にもそれに通じる謎解きが隠されています。
2019/07/20

業務用エアコンのフロンガスの回収作業

ルームエアコンの場合はフロンガスは室外機に入ったままリサイクル工場に送りますので関係ないのですが、業務用エアコンになると、フロンガスを工事店がボンベに回収して正しく破壊処理工場まで送ることが義務付けられています。

毎年1回、県に何キロのフロンガスを回収して、何キロ破壊処理工場に送ったか、手元に現在何キロのフロンガスが残っているか報告しないといけないんですよ。時には立ち入り検査なんかもあってわりと厳重に管理されています。

まあまあ時間のかかる作業なんで、故障してる場合は現地で作業。故障してない時は一旦フロンガスを室外機に集めて会社まで持ち帰って倉庫で空き時間にフロンガスをボンベに回収してます。雨の日なんかでも出来ますからね。

IMG_0555.jpg

普段、使用されているエアコンっていったいどれ位のフロンガスが入ってるのかは銘板に記載があるんですが困ったことに使っている間にややもすると目減りする場合も多いです。

配管の継手や溶接部分、あるいは腐食したり、また大きく振動する機器なのでね。故障時にはガスの圧力や電流値で内部のフロンガスの量を推測するんですが、取替え時になるときっちり電子秤に何キロのフロンガスが残っていたか分かるんです。

いわば取外した機器の採点をしてる感じでしょうかね。今回の機器は規定量が3.8キログラムなんですが、残念ながら1キロしか回収出来ませんでした。残りの2.8キロは長い年月使ううちに大気にガス漏れしてたんですね。残念ながら100点満点だとすると26点ですね。

IMG_0559.jpg

お客様は元々中古の機器を購入されたそうなので、どの時点からフロンガスが減っていたか分かりませんがおそらくこのガスの量ではしっかり本来の能力は発揮できてなかったことが想像されますね。

IMG_0554.jpg

IMG_0560.jpg

余談になりますが、もし調子が悪くてフロンガスが減っていることが判明しても、ガス漏れしている箇所を特定して修理してからでないとガスの補充は出来ないことが法律で決められています。昔はとりあえずガスを追加して様子を見るなんて応急対応も出来てた時代がありますが、それをすると大気にフロンガスが放出されてしまいますからね。

ガス漏れ箇所が分からない、あるいはガス漏れ箇所が修理出来ない場合はリニューアルとなります。
2019/07/19

電気工事で使うケーブルストリッパー

一般住宅などでの電気工事では主にVVFケーブルを使います。古い工事士さんはVAケーブルなんて別名で呼びますけどね。正式名は「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形」というんです。こんな長い呼び方する人はまずいないですけどね(笑)

PRI_20190715-182400.jpg

その被覆を剥ぎ取るのが電工ナイフ。今も売られていました新品はきれいですね。まったくモデルチェンジなしですね・・・

PRI_20190715-181506.jpg

電気工事士試験を受ける時に電工ナイフを買ったのでもう26年も同じものを使ってます。
当時教えてもらった先輩に「電線はニッパーで剥いたらいかんで、電工ナイフを使うんじゃ!」と言われてましたからね。

以前、業者仲間がさっとケーブルを剥いてる工具を見て便利な工具だなぁと感心したものの、かさ張るから腰袋に入れるには躊躇してました。やっぱり電工ナイフ派を自負してましたからね。こんなのです。

71Um2c1oxxL.jpg

ところで最近、薄くて軽くて便利な工具を発見しました。これなら腰袋に入れてもかさ張らない。見ると電気工事試験対応と記載があるじゃないですか、最近はこんな便利な工具も持ちこめるようになったんですね。

IMG_0547.jpg

IMG_0543.jpg

IMG_0545.jpg

IMG_0549.jpg

使ってみるとビックリするほど使いやすくなってますね。わりと昔からある工具なんですがかなり改善されてますね。電工ナイフ派からケーブルストリッパー派になろうかな。
2019/07/18

使ってますか~ 便利なネジマグ

仕事で電動ドライバーを使ってる方はご存知でしょうね。ビット用マグネット。ベッセルの商品名で言うと「ネジマグ」鉄ビスを磁力でしっかりキャッチして、脱落防止してくれる便利な小物ですね。

PRI_20190715-155954.jpg

だいぶ前は廃棄する電子レンジから取外したマグネトロンの強力な磁石にビットを擦り付けて帯磁させていましたけどね。使っているうちに磁力が取れて肝心な時にビスが落ちてイラッとなることもありました。

このネジマグを使い始めてほんとに快適になりました。

PRI_20190715-155929.jpg

IMG_0541.jpg

ところで、現場でこのネジマグを2個使いしてる人を見かけました。2個連結したほうが磁力がさらにパワーアップするぞ!ってことでした。試してみるとあらほんと。当りまえと言えばそうなんでしょうけど、確かに2個連結したほうがさらにイイ感じでした。

IMG_0536.jpg

IMG_0537.jpg

IMG_0540.jpg

ちなみに、ステンビスの場合は使えないので、こっちを使うようになりますね。

IMG_0552.jpg

ビットに差し込んでるだけですので無くさないように気を付けましょう(^-^;
2019/07/17

家電量販店のお客様が当店でテレビをお買い上げ

32型の液晶テレビをお買い上げ下さったお客様のお話し。

1年半前に大型店で液晶テレビを買われたそうなんですが、先日立ち上がったときについバランスを崩してテレビにもたれ掛ってしまって液晶の画面が割れてしまったそうです。

こちらがリサイクルのために当店に持ち帰ってきたそのテレビ。電源も入りますし、音声も正常ですけど、映像はほぼ見えない状態でした。

IMG_0565.jpg

修理するには液晶モジュールと取替キットになったパッキンを交換することになるのですが一番修理代が高くなるパターンなんですよ。

液晶テレビの中では液晶画面が一番高価な部品ですし、さらに修理代がかかるので普通なら修理しないで買い替えをおすすめしています。

うちのような街の電気店なら電話で事情を聞いただけでそういうご説明をしますし、ご希望があれば無料で確認にも行きます。

ところがその大型店の対応がメーカーサービスマンを呼んでしまったんですね。
当然、サービスマンも高額修理になる説明をして帰る訳ですが、出張点検費用の3,000数百円取られたそうです。サービスマンとしてもメーカーの規定料金があるので仕方ないですよね。

ということで、今回は当店でお買い上げ下さいました。

点検に行った時にその場で古いテレビは持ち帰って、お客様がご希望のテレビが入荷するまでの間は貸出し用のテレビを設置して帰りました。街の電気店は価格が高いと言われがちですけど、こういったサービスはもちろん無料ですし、ご近所のお客様ならお電話一本でその日のうちに対応させていただいてます。
2019/07/16

エアコンには専用回路のコンセントが必要です 

この時期に多くなる電話でのご依頼がエアコンの電気工事だけ、しかも至急ってご依頼です。

エアコンには専用回路のコンセントが必要なんですが、一部の大型店ではエアコン工事はしても、電気工事はしないらしいですね。

IMG_0247.jpg

ちょっと驚きですけど、手間がかかるし、電気工事は部材の準備が大変ですし、電力会社への申請などがあると手離れが悪くなるので、エアコン工事に的を絞って工事展開してるんでしょうね。

大型店はコンプライアンスを順守してますので、今まで延長コードで使用していたエアコンの取替でも専用回路の電源コンセントがないと工事着手しません。

「電気工事は地元の電気店にお願いして下さい」なんて言って帰るらしいですから、これはどうなんでしょうね?
仕事を作ってくれてありがとうと感謝しないといけないかな(^-^;

一般のお客様から急に「エアコンのコンセントの工事して下さい、専用回路じゃないとダメなんです。」なんて電話がかかってくるとああ、またかって思ってしまいます。

実際、全国では延長コードを使用してて発煙発火した事例も多く報告されてますので、エアコンには専用回路のコンセントを使用することはとても大切なことですね。

610fff3a79eebe0f56ac4955277ca3a0_s.jpg

ただ街の電気屋さんではとりあえず、自店でお買上げいただいたエアコンを1台1台丁寧に工事することに精一杯なんで、そういったご依頼にはなかなかお応え出来ないのが現状ですね。
2019/07/15

愛車のガラスコーティングの話し

近所のガソリンスタンドでN-VANをガラスコーティングしてもらいました。ワックスと違ってガラスの塗膜でボディを保護するらしいです。

img20190707_10585772.jpg

N-VANは規格ぎりぎりで一番お安いSSサイズでした。費用は16,300円だけど新車割引5%付いて15,500円。手作業で洗い乾燥、コーティング作業と手間のかかる作業ですし、そもそもガラスコーティン剤って結構高いものなのでこの程度の費用は必要ですね。7月15日からキャンペーン価格でしたね(^_^;)

PRI_20190706-111635.jpg

1年間ノーメンテナンスで洗車だけでOK、ガラスのような透明感、汚れが付きにくい、撥水性がある。ワックスよりは品質が高そうですね。

もっと上位グレードのガラスコーティングにはダイヤモンドキーパーってあって耐久性が3年間ですけどSSサイズでも46,600円!

さらに上のWダイヤモンドキーパーっていうのもありますね。SSサイズで67,500円!

新車の時にガラスコーティングするのは塗装面の保護にとても効果的だそうですよ。料金には手洗い洗車券が2枚とミネラル取り洗車券1枚がサービスで付いてきました。これはお得感がありますね。

IMG_0485.jpg

IMG_0508.jpg

雨降り後の雨粒をよくはじいてくれてますね。これから違いをよく見てみたいと思います。
2019/07/14

小笠原の塩 父島で手作り!!

お客様から珍しいお土産をいただきました。
手作りの塩。しかも作られたのは小笠原諸島にある父島!
場所はこちら
https://goo.gl/maps/3V6W5TrSUNb8pHxx9

PRI_20190713-191243.jpg

早速、冷ややっこに少し乗せて食べてみました。あら不思議、いつもの豆腐がさらに美味くなった!ピりピりした塩辛さがないんですね。うま味が感じられてなかなかいいお塩でしたよ。岩塩のようにサラサラではなくてしっとりした感じ。

IMG_0506.jpg

IMG_0507.jpg

製造元のウェブサイトを訪れてみるとなかなか素敵なお話しが出てました。
パッケージで紹介されていたホームページがこちら
http://www.ogasawaranoshio.com/index.html

ドキュメンタリーを読むと特に感慨深いです。
https://www.mugajin.jp/topics/ogasawara/1.html

ところで、父島は東京から南になんと1,000キロ。飛行場がないのでこの島に行くにはフェリーしかありません。浜松町近くの竹芝桟橋からフェリーに乗ること24時間。

PRI_20190710-100925.jpg

手つかずの自然の残された南国の楽園らしいですよ。

死ぬまでに一度は訪れたいものですね。
貴重なお塩をありがとうございました。(^-^)

2019/07/13

蛍光灯ランプの販売終了に備えて備蓄

市場で大量に使われている蛍光灯ランプの販売が終了すると聞いて年末までにはある程度在庫を確保しとかなきゃいけないと思ってました。

いつもの電材屋さんに発注をかけると軒並み在庫がなくなってまして驚きました。実は販売終了はまだ先でも生産終了するのはもっと前倒しだったんですね。

在庫が無くなった時点で早く販売終了になるとは認識不足でした。

あわてて、500本ほど仕入れました。
これでとりあえず1年はなんとかなりそうですが、問題はその先なんですよね。

e992483c6cbbe920a4bdcd28854d8a65_s.jpg

LED器具に取替えるといっても莫大な台数を一気に対応出来ませんし、ランプだけをLEDランプに置換えるとしても配線組替が必要だったり、どの点灯方式にどのタイプのLEDランプが適合するのかなんて器具ごとに判断するのは時間のかかる作業ですからね。

もっと大量に蛍光灯を仕入れておく案もリスクがあります。最終的に売れ残った蛍光灯の産業廃棄物処理費用が怖いです。中の水銀を適切に処理するのには多大なコストがかかりますからね。

東芝ライテックはすでに直管蛍光灯ランプの生産は完了してましたね。

日立アプライアンスの場合は
生産終了 2019年12月末
販売終了 2020年3月末

三菱電機の場合
直管形、普通形蛍光ランプ 生産終了 2019年3月
3波長型蛍光ランプ 生産終了 2021年3月

パナソニックはメンテナンス用の蛍光ランプの製造は継続との発表ですが、特殊なランプからどんどん生産を完了してきてます。
この3月には既に蛍光灯照明器具の生産は終了してますしね。
2019/07/12

パッケージエアコンの納期遅延 小中学校向け特需

政府が学校の熱中症対策として公立小中学校の教室にエアコンを設置すると決めたもんだから品不足で一般のお客様にすごくご迷惑をお掛けしているようです。
(一番暑い時期には夏休みがあって教室はあまり使わないと思うんですけどね、ごめんなさい)

補正予算が822億円だそうですからものすごい台数が学校用に一気に流れていますね。

特に天井吊下げタイプの5馬力とか6馬力あたりは、今注文してもあるメーカーでは8月末以降、もう1つのメーカーになると10月以降の納期なんて回答がありました。

天井吊下げ以外の機種も結局は室外機が共用なんで同じく品物がありません。おまけに3分5分の銅管もないし、SD100のスリムダクトもない。こんなのは今までに経験のない状況になっています。

飲食店様や店舗、工場など今故障してすぐにエアコンを買い替えたくても品物がないのではどうにもなりませんね。

当店では、こことは思うお客様には春先に工事しときましたのでまだマシなんですけどね。

IMG_9833.jpg

IMG_0336.jpg

数日前に工場のお客様からすぐにエアコンが欲しいとご注文がありました。納期の話しをしてびっくりされてました。
それでも、すぐに注文しないといつまで経っても納期回答は来ないし、ひょっとしてキャンセル待ちで思わぬ早い納期になる場合もありますよって話してたら・・・

翌日に販売会社から電話が入って、広島県で同じ機種が1台だけキャンセル出たんで先に回しますとうれしい連絡がありました。

業界関係者の話では、先を見越して仮発注してて直前で手放す事例も多いらしいです。
実はキャンセル待ちで納期が短縮されたのは今回で2台目。日頃のメーカーさんとのお付き合いも大切ですし、普通に注文するんじゃなくて、一言急いでるのでキャンセル出たら先に回してって話しておくのも大切ですね。