2018/07/21

エアコンのガス漏れで取替の話し

エアコンを買替していただいたお客様のエアコン室外機の写真です。

他店で購入されたコロナ製の2分4分のエアコンなんですが、
パイプの継手まわりが、なんだか油っぽいのが写真で分かるでしょうか・・・



これは継手付近からフロンガスが漏れた跡なんですよ。

フロンガスが漏れると一緒にオイルがミストになって漏れ出しますからこんなになるんですよ。

冷媒配管(銅管)を加工して、エアコンに接続するのが一番エアコン工事の
大切なポイントなんですよね。

決められた工具を使って加工接続するんですが、工事には経験が必要ですからね。

エアコン工事は信頼のおけるお店に頼んだ方がいいですよ。

この記事でこのタイミングで・・・
私のブログの左側に出た広告に笑ってしまいます・・・





2018/07/20

見事なスイカのグリーンカーテン

毎日、毎日エアコン工事が続きますが、
日向で作業するのと日陰で作業するのとで大違いですね。

今回はスイカの見事なグリーンカーテンのお蔭で涼しく作業出来ました。



お客様のお話しでは、最初は夕顔を植えようとしてたそうですが、
たまたまスイカのツルが伸びてきたので、そのままスイカで日除けにしたそうです。




見た目も涼しそうですし、スイカが実るのも楽しみですもんね。

うちの畑でも何年か前に黄色のスイカを育てたことがあるんですが、
いつ収穫すれば一番いいのかの判断が難しいんですよね。

食べ頃と思っても、切って見るまで熟れてるか分からないんですよ。
まだ熟してなかったときのがっかり感(笑)
2018/07/19

エアコン工事のやり方 いろいろあるね

お手持ちエアコンとの取替工事であった、同業者様だけ分かるちょっとした話題です。

エアコンを取外しするのにポンプダウンが終わってコンセントを抜こうと思ったらコンセントがない!

さてはコンセントは室内機の裏側にあるんだなぁと予想して、
ブレーカーで電源を落として取外しました。

確かに室内機の裏側にコンセントの壁埋込ボックスがありました。




前にエアコン取付けた人も頭を悩ませた結果、
背板を開口してVVFケーブルを取出して・・・



そこまではがんばったと思いますが、その後が良くないです。
VVFケーブルは屋外に出して、スリムダクトのウォールコーナーの中に埋込コンセントを付けてました。

よく長年漏電しなかったもんです。

私の場合は、VVFケーブルは壁の中を通して配管穴から出して
室内の見えない位置にコンセントを取付しましたよ。



背板も普通に取付できますし、室内機でケーブルを圧迫することもないし、
屋外でコンセントが漏電する心配もなし。

お手持ちのエアコンを取付けると、何事もなかったように普通の取付工事みたいですけどね。この角度だとコンセント見えないですね。



他にも背板をケーブルの厚さ分浮かして取付けるなんて方法もありそうですね。タテサン付けるとカッコ悪いから、ナットを背板の裏に挟んで浮かしてもいいかもしれませんね。

作業する人によっていろいろな工事のやり方があるもんですね。
きっともっといい工事方法もあるかもしれません。

それにしても、エアコン取付するのが分かっているど真ん中にコンセントを
仕込んでしまう新築の電気工事屋さんのセンスがすごすぎます。
2018/07/18

電気屋の日常作業 暑いと集中力が途切れますね

この時期に困るのが急なエアコンの故障ですよね。

エアコンが壊れると住宅では熱中症になるかもしれません、
業務用で店舗などの冷房が止まると営業に差し障りますね。



今回も店舗のお客様で天井に付いた業務用エアコンが急に故障したというご相談がありました。

調べてみると16年前に当店でお買い上げいただいてました。

メーカーに部品注文しようにも、
既に部品保有期限が切れて入手は出来ません。

お客様は「大至急来て欲しい」「ちょっとだけでも見て欲しい」
ほんとによくそのお気持ちがよく分かります。

「予算がないから業務用エアコンではなくて、家庭用のエアコンで頼むよ」
「新聞の折り込みチラシに工事込みで安いのあるだろう」
ってお話しでした。

業務用の5馬力のツインエアコン(冷房7KWが2台)だったところに
家庭用の14畳用エアコン(冷房4KW)を取付しても十分な冷房効果は期待できません。
あたりまえと言えばその通りなのですが、
急なエアコンの故障で多額の出費がかさむと色々と頭を悩ませる訳ですよね。

今回はお客様は新聞折り込みチラシの家電量販店に相談してみるということで
残念ながら帰社しました。

その後1時間もしないうちにお電話があって、
家電量販店では「全然話しにならんかった、見にも来てくれないし、いつになるか分からん」というお話しでした。

そうなんですよ、今の時期はどこの業者も超繁忙期ですし
家電量販店では業務用のエアコンの対応を得意としてないんですよね。

ということで業務用のパッケージエアコンお買い上げ下さりました。

とは言っても当店もエアコン工事枠はいっぱいなんですよ。
一日に取付ける台数よりも、一日に売れる台数の方が多い日があるので仕方ないです。

昨日も相当の件数のエアコンのご相談があったんじゃないかな。
でも、こんな時こそ、謙虚な気持ちでお客様の立場で対応しないといけませんね。

ところで、余談ですが
昨夜、他の電気屋の方たちと話してたら
「湿らせたタオルを凍らせて、飲み物と一緒に持って行くといいよ」ってお聞きしました。いいアイデアなんで早速試してみますね。



暑さでボッとして集中力が途切れるせいでしょうか、スマホを腰のケースに入れたつもりがそのまま地面に落下させてしまうことが続いてるので気をつけないとね。
2018/07/17

天井カセットエアコン 分解洗浄

一昨日の日曜日の話題なんですが、飲食店様の天井に付いているエアコンを分解洗浄させていただきました。

年中無休の繁盛店様ですが、この時期エアコンが調子悪いと営業に差しさわりますからね、臨時休業して緊急対応でした。

天井埋込カセットエアコンという四角いエアコンです。
化粧グリルを外して、制御盤やファンなどの電装部品を外して、




ドレンパンを外して噴霧器で洗浄剤をスプレーします、




専用のブラシでこすって、きれいな水で洗い流して、再度組立するんですよ。
なかなか手間のかかる仕事です。

天井が3m以上ありますので、ブルーシートで床を養生して、洗剤や水もブルーシートに流れるように工夫してます。



ブルーシートの下には一輪車置いて廃液を回収するんですよ。

外したドレンパンは屋外で洗浄します。





同じく外したドレンポンプは分解して内部を清掃しておきます。



アルミフィンの表面はかなり汚れが付着してました。
ゴミが剥がれ落ちると、ドレンパンにたまって、ドレンポンプが詰まります。



最終的にはエラーが出て冷房運転が出来なくなるんですよ。

本日は天カセエアコン3セット、壁掛けルームエアコン2セットを
3人で一日がかりで分解洗浄させていただきました。

冷房の効き具合もかなり違います。風量もアップして、電気代も節約できますね。
あと、空気がきれいになりますからやはり衛生的ですよね。

但し、現在繁忙期なので、このような修理は通常は対応しておりません。

2018/07/16

ひまわりの里まんのう 2018

昨日の日曜日は仕事してました。なかなか内容の濃いお仕事でしたので
また、後日ご紹介するとして・・・

仕事が終わってから「ひまわりの里まんのう」に写真を撮りに行きました。

場所はこちら






ひまわり畑は何か所もありますよ。



知人の話しで今年のまんのうのひまわりはちょっと早かったから
もうピークは終わってるという情報でした。

写真撮るなら朝か夕方がおもしろいよとのことでした。
到着すると19時、それでも日が長いので他にも写真撮ってる人が結構おられましたね。



ひまわり団地は確かに見頃は終わりかけてましたが、
JR塩入駅周辺はまだつぼみのひまわりがたくさんありましたから
まだまだ楽しめそうでしたよ。















2018/07/15

川之江花火祭り2018 EOS kiss M

昨夜の地元、川之江花火祭りの様子をご紹介します。
打上げ場所の近くに陣取りました。
お店からここまで自転車で10分程でしょうか。

意外と人が少ないですよ。
川之江漁協周辺と八幡神社周辺が一番混雑するんですね。




珍しいレーザー光線の照射
距離は200m、最初と最後に堤防の壁に文面を照射してました。

パナソニックのノートパソコンで制御してましたね。




本日の撮影機材はこちら
レンズは標準ズームのEF-M15-45 IS STMでした。



コンパクトで使いやすいカメラですね。
カメラは三脚に固定して、ピントはマニュアル。
シャッターはバルブにしてスマホで操作しますよ。

絞りは f/16
ISO 100
ホワイトバランス オート












































花火はだいたい小さいの、中くらいのもの、大きなもの3タイプあるんですが、大きなものを撮るにはもっと離れるか広角レンズが必要ですね。

よくばって長時間露出すると、花火が白くなってしまうし少ないと寂しい写真になるし、なかなか難しいもんですね。

もっと広角レンズで港の水面に反射する様子を撮ればおもしろかったかもしれませんね。

本日もご訪問下さりありがとうございました。
2018/07/14

かわのえ夏祭り花火大会 本日です

本日、地元の川之江港、午後8時から午後8時50分までの予定で
花火大会が開催されます。



岸壁から約3,000発上がりますよ。
周辺図はこちらです。



打ち上げ場所に近づくほど帰りは渋滞しますから、
車はほどほどの所に駐車して歩いて行くのをおすすめします。

次の市内の花火祭りは、隣の三島港にて7月25日(水)午後8時から
こちらは約7,000発上がりますよ。

次は富郷ダム法皇湖で湖水祭り花火大会が8月4日(日)

最後は土居夏祭り花火大会が8月15日(水)

四国中央市ではなんと夏の花火祭りは4回もあるんですよね。
ちょっと珍しいかもしれませんね。

私は今回はカメラ持って近くからチャレンジしてみようと思います。
2018/07/13

エアコン工事のご依頼がピークをむかえてます

梅雨明け宣言以降、毎日暑い日が続きますね。
特に夜寝る時に気温が下がらない日が続くと、
エアコンの販売が一気に増えます。

毎年、この時期からお盆までは電気店は大忙しの日が続きますね。

うちのような小さな街の電気店は丁寧な取付工事でお客様から喜ばれる訳ですが(手前味噌ですいません

但しいかんせん、少人数で経営してますので大量の工事依頼には対応出来ません。

他店で買ったエアコンの取付けだけのご依頼や
エアコン用の電気工事だけのご依頼はお断りしてるのが現状です。

「ホームページ見ました」「ブログ見ました」ってよくご依頼のお電話を下さるのですが、なるべく丁寧にお断りするように気を付けています。

「当店でお買い上げいただいたエアコンの取付けが終わったら対応出来るかもしれませんが・・・」
とお話しすると、「じゃあお宅で買います!」っておっしゃって下さるお客様もいらしてほんとにありがたいですね。

エアコンの穴を開ける時にも、切粉が落ちないようにカバーを付けたり、
コンセントを外して、壁の中のケーブルを避けたり、



エアコンの左下に穴開けするときは、カバーを外して、室内機をビス止めしたり



時間が余分にかかっても当りまえのことをします、
取付が終わるとご覧の通り







しっかり時間をかけて1台1台丁寧に取付工事させていただいてます。
2018/07/12

気温が上昇するとよく壊れるのが冷蔵庫

四国地方もようやく梅雨が明けましたね。

日中の気温も一気に上昇した訳ですが、
気温の上昇でよく壊れやすくなるのが冷蔵庫なんですよ。

お仕事で外出された後の台所の気温はおそらく、
30℃をちょっと超えるんではないでしょうか。
いっぽう冷蔵庫の庫内はというと冷蔵室はだいたい4℃、
チルドが0℃、冷凍室ではマイナス18℃以下まで冷やしますので、
冷蔵庫にとってはかなり一生懸命の状態が続きます。

せっかく冷やしても、扉を開けるたびに、熱い空気が入ってきます。
しかも年中無休で働く訳ですしね、
当然負担のかかる暑い夏に壊れやすくなるのも、
うなづけるのではないでしょうか。

冷蔵庫庫内の温度が維持できなくなると、
この時期食材は傷みやすくなりますから
冷蔵庫の異変に気が付いたらお早目に電気店に点検を依頼された方がいいですよ。

冷蔵庫の取替にお伺いして共通しているのが冷蔵庫の下側から裏側にかけてある大量のホコリの固まり。

半端じゃない量が溜まっています。冷蔵庫はコンプレッサーを冷却するために
裏側にファンが付いてますから、ほこりを吸い込んでしまうんですね。

冷蔵庫を移動して裏側を掃除機かけるなんて、
なかなか出来ないと思いますが
下側の隙間からちょっと掃除機のノズルを差し込むように
掃除機を時々かけていただくだけでも大分違います。
冷蔵庫の一番下の脚カバーは取外し出来ます。
外しかたはこちら

ホコリは軽いですからね。
故障のリスクを少しでも下げられます。電気代も下がるかもしれませんね。

今時の冷蔵庫は背中側は奥の壁にピタッと付けても大丈夫ですが
左右と天面は放熱スペースとして開放されてる方が
電気代もお安くなりますし、冷蔵庫の負担も減りますね。