2014/07/21

リョーマの休日 高知の朝市

昨日は夫婦で高知の朝市を訪れました。
 

 

 
高速で1時間ちょいで着きますので、割と近いです。
 
仁淀川の観光協会の方が、一緒に記念写真どうぞってハッピを着せてくれました。
酒場放浪記の吉田類さんのご出身は仁淀川町だそうです。
 

 
 
新鮮な野菜が並びます。
 

 
トマトは特に有名な名産品ですね。
 

 

 
おおやどかりを売ってるのは初めて見ました。
 

 
このヒノキのまな板買いました。(安い!)
 

 
ひろめ市場にも寄りました。すごいにぎわいでしたよ。
 

 

 

 

 

 
キビナゴ、ウツボ、イワシなどをお土産に買いました。
 


連休中日ということもあってか、どこも人で混み合ってました。
高知まで行くと、食文化の違いでしょうか、珍しい食材に出会えますね。
2014/07/20

川之江花火祭り 2014年7月19日

昨夜は、四国中央市の先陣を切って、川之江地区の花火祭りでした。

子供の頃は「お伊勢祭り」とか「お伊勢やさん」とか呼んでました。
元々は川之江町中須にある通称 お伊勢屋さんの、お祭りだったんですよね。

まずは近所の清花園さんで一杯引っ掛けました。美味すぎてニヤケっぱなしでした。
その後、川之江漁港まで行きました。
 

 


撮影動画はこちら、
http://youtu.be/FhYd_42pbGw
「川之江花火祭り お伊勢やさん」でググると昨年ユーチューブに投稿した動画が2番目に出てきてびっくり。70回近く再生されてました。
 
自宅に帰ると、74歳になる母が「私も花火の写真撮ったでぇー」とのこと。
見てみると、なかなかの腕前でサプライズでした。
 

 

 

 

 
川之江城のバックに花火を入れるとは、やるなぁ。
2014/07/19

家電製品 修理情報検索システム 打合せ

昨日は当店が加入する「全日本でんき屋ネットワーク協同組合」のお仕事でした。

今、組合では、国内主要メーカーの家電製品の修理情報を管理するシステムの構築をしております。
 
依頼先のソウフトウェア開発会社さんへ、契約の確認とシステムの概要説明をして来ました。
 

 
先方さんは、社長さん、部長さん、課長さん、担当者3名さんで丁寧に対応して下さいました。
しっかりした開発環境に納得しました。
今話題の個人情報の取り扱い状況は、そこまでするんですかと聞き返すほど、慎重な対応をされていることに驚かされました。
 
このシステムが完成すると、すごいことになりそうです。
2014/07/18

システムキッチンの取替え 3日目

3日間で2セットのシステムキッチンの取替えをしました。
やり始めると色々と大変でした。
 
給湯配管はバイパスで横引きされていた。

キッチンの裏側が全部石膏ボードじゃなくて一部コンパネだった。

しかもコンパネはくぎ打ちプラス接着貼りだった。(剥がすのに苦労)
 
排水の位置変更のコンクリート床のはつりが想定外に時間がかかった。

排水管と給水管が近かった。一部鉄筋と当たっていた。
 
止水栓が無かった。工事前に全館の給水を止める必要があった。
 
既設キッチンボードの油汚れ取りが大変だった。
 
なんとか無事に工事が完了しました。
 

 


ありがとうございました。
 
暑い毎日が続きますね。涼しい写真をどうぞ。
鳴門の大塚国際美術館のモネの蓮です。
 

 

2014/07/17

システムキッチンの取替え 2日目

施設のキッチンの取替え工事の2日目に入りました。
 
昨日解体撤去して、給排水工事、電気工事の下準備を終えてた1セット目を
いよいよ組立しました。

午後2時半には組立、コーキングも完了しました。午後3時には夕食の準備とのことでしたがなんとか間に合いました。

今回はビルトイン食洗が無いタイプですので、
その分抜群の収納量を誇ります。
 

 

 
写真の撮り方が悪いのですが、更に一番下の蹴込み部分も引出し収納になっています。
 


並行して、2セット目を解体撤去作業です。
 

 


1台目が完成して、職員の方からお喜びの声をいただいて、元気が出ました。
2014/07/16

システムキッチンの取替え 初日

とある施設様からのご注文でシステムキッチンの取替えを始めました。
 

 
3日間で2セットを連続して取替えする、最短コースの綱渡りの作業です。
初日は水道の止水栓がないため、大元の給水ポンプで30分だけ、
全館水道止めてもらって緊張の作業でした。
 
大勢の利用者様がおられますからね。
 
給湯の配管がバイパスになっててキッチンの裏を横引き。

床の排水位置が変わるので、土間コンクリートを配管を痛めないようにハツリ作業。
 

 
私は、途中で抜けてエアコン工事でした。
 

 
本日が2日目に入ります。
2014/07/15

笑顔流筆文字 講習会に参加

昨日は、丸亀の友人の紹介でとある講習会に参加させていただきました。
笑顔流筆文字といいます。
 
お客様や友人に素敵な手書きのハガキを出せたらいいなぁというのが目的です。

講習受講前はこんな感じです。
 

 
講習終了後はこんな感じです。
 

 
どうです、ワープロの美しい文字だらけの世の中に、手書きの暖かさ。
気持ちのこもったハガキになりました。
 
講師の堀内先生の体験談も、ホロりと来ました。

異業種の方との交流も貴重な体験となりました。
 
まだまだ、初級編の受講でしたが奥の深い笑顔流筆文字の世界です。
ご興味のある方はこちらまで
2014/07/14

大塚国際美術館に行きました(前篇)

昨日は鳴門にある大塚国際美術館に初めて行きました。
 

 
あの徳島の企業、大塚グループさんが創業75周年事業として1998年(平成10年)に開設された私立では国内最大の美術館です。
 
展示されている作品は、世界中の名画を陶器の板に原寸で焼き付けたものです。
全部で1,000点を超える作品を鑑賞できます。
 
少々入館料はお高いですが、すばらしい設備の中で世界の名画を一堂に体験できる素晴らしい施設でした。
 
パンフレットによると、終戦時に17名の社員しかいなかった社員が現在では23,000人に。お世話になった地元へのお礼のために建設されたそうです。
 
名画の複製品とはいえ精巧な作りです。原寸大ですので迫力がありますし、フラッシュたかなければ写真撮影が出来ます。
 
最初にいきなり、システィーナ礼拝堂を見れます。
 

 
ほんものはバチカン宮殿にありますので実物見れる人は国内ではあまりいないですよね。ミケランジェロの最高傑作と言われている作品です。圧巻でした。
 
レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』が修復前のものと、修復後のものが対面して展示されてました。
 


係りの方の説明を聞くと、計算しつくされたダ・ヴィンチの力量にただ驚かされました。
 
一点透視図法の消失点の釘跡の話し、使い分けされた顔料の話し。
 
同じく、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』。
 


独特の描写方法の話し、モデルの話し、ダ・ヴィンチのこの作品に込められた特別な思い入れの話し。
 


少しだけでも専門家の方のお話しをお伺いするだけで、その作品への思い入れが随分変わってきますね。
 
1000点の中で私のお気に入りはコレでした。
 

 
帰りにミュージアムショップで陶板画のミニチュアを購入しました。
 

 
続きは後日。まだ未体験の方は一度はぜひ訪れて見てくださいませ。
2014/07/13

本日は定休日です

本日当店は、日曜定休日です。
 
社員のみなさんは、うどん屋さんの早朝工事で出社してもらってます。
 
私は久々の休日としゃれ込んで録画した番組などを見ながら、何気なくiPad取ると・・・
 
Facebookにお客様の飲食店様の社長さんから、漏電点検依頼のメッセージが入ってました。
 
確認の手順をお教えして、1時間程で無事原因究明。土間の冷蔵庫の電源コードに水洗いの水がかかったようでした。
 
行かなくて済みました。
 
社長さんからは、「これで、今日も一日稼げます、的確なアドバイスをありがとう」と
 
メッセージが入りました。
 
一件落着したので、それでは、少しお出かけさせていただききますわ。
2014/07/12

電気店の日常作業 1日でこれ位しか対応できません

テレビが出なくなったとのことで即日点検、貸出し用をお貸しして持ち帰り。
ランプが13回点滅。サービスモードでも故障履歴を確認。
修理見積連絡して、部品注文。
 

 

 
とある学校の修理不能の冷水器を撤去。
 

 

 
時々テレビにE202エラー表示が出るとのこと。
不調時はブースターの電源装置のランプが薄暗くなるとの情報。
屋根に上がって点検。ブースターのカバーが無くなってました。
フィーダー線式のアンテナで20年以上経過するとのことで、
後日立替えとなりました。
 

 

 
工場内の現場詰所のエアコン不調。メーカーさん部品保有期限切れのため、
修理不能で取替え。
 

 

 
とある公共施設のAVブース修理。ヘッドホン出力が不調。
ヘッドホンジャック取替え修理。
 

 
お引越しのお客様。お手持ちのBSアンテナを取付。
取付金具が合わなくて、急きょお店に取りに帰りましたがなんとかやり切りました。
 


三菱電機製の天井埋込エアコンがエラー表示。こちらは、当店工事分でなくて技術資料もないので、メーカー修理に依頼しました。
 

 
Facebook友達から「最近、コメントないねぇ」ってご心配のお言葉。
ありがとうございます。なんとか生きてますので。