2013/10/19

川正電器 創業当時の写真

フェイスブックで懐かしい「ナショナル坊や」の話になりました。
確か我が家にもあったはずと、アルバムから探し出してスキャンしました。
 
 

 

 
小さい方が私です。大きい方は3つ上の兄です。
私が生まれたてなので、昭和39年の写真と思われます。
49年前の写真ですね。
 

 
 
ナショナル坊やと同じ身長の兄です。当時はナショナルのお店の前には必ず置いてありました。
ちょうど、薬屋さんの前のサトちゃんみたいな感じですね。

薄汚れて、左手はどこかにいっちゃったようです。私の記憶では、首がバネになってて動いたはずです。
まさしく「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の世界です。
 
こちらは、おそらく45年ほど前の写真だと思います。母と私です。
 


レトロなスタンドが写ってます。コタツなんかもよく売れていたようです。
ショーケースにPanasonicの文字がありますね、ちょっと意外でした。
 


当時のお店の前の国道には柳の並木が残っていました。
 
すぐご近所には八百屋さん、肉屋さん、魚屋さん、牛乳屋さん、生協とたくさんの商店が軒を連ねてました。
 
今残ってるのは、うちと八百屋さんだけになってしまいました。
 
ところで地域電気専門店は1982年のピーク時には7万2000店あったそうですが、現在は半分以下の3万店にまで減っているそうです。残念なことです。
 
店主の高齢化、後継者難、長引く家電不況、様々な原因があります。
物の販売を主力に考えると生き残りは難しくなります。

恐ろしいことに、メーカー指導の経営を続けて来られた老舗がどんどん廃業されています。
 
お客様のお困りごとに対してお応えすること、家電販売だけでなく、電気工事、パソコン、水道工事、リフォーム、暮らし周りのサービスなど。

業種店から業態店の移行が生き残る道であると業界紙にありました。

なるほどと痛感しました。

先代から引き継いだお店も私の代になって13年目になりました。
今のところ健全な経営が出来ているのも、ひとえに地域の皆様のおかげです。

 
2013/10/18

エアコン取付 手回しの良いお客様

エアコンの取付に行くと、既にタンスは移動して、壁と床にはシートまで貼っていただいていました。
ありがとうございました。
 


壁面はブロック造で内壁は土壁でした。湿式のダイヤモンドコアドリルで寸止めで穴あけしました。
 


土壁の一歩手前でドリルを止めないと、室内が水浸しになっちゃいますからね。
 
 

 
このようにきれいに筒状に穴あけができます。
 


室内はこのように完成、長期延長保証シールを貼っておきます。
 

 
 

 
室外は配管カバーまでで、ドレンホースの先はお客様がご自分でパイプ工事をしたいとのことで、これで完成です。
 

 
 
室外機は壁掛けですが、この金具もお客様がご自分で作られて、取付までしておいて下さいました。
 

 
こちらの室外機下のドレン配管もご自分でやりたいそうで、これで完成です。
 
室内のエアコン用コンセントも事前にお客様が工事されてました。
途中でケーブルを延長されたのか、黄色のビニルテープのふくらみが気になり、確認すると芯線をねじっただけでした。さすがに、これでは危険ですので圧着端子で接続しなおしました。
 

 
二日連続で器用なお客様に遭遇しました。
でも、電気だけは素人工事は感電や漏電の危険がありますので、プロにおまかせ下さいませ。お買い上げありがとうございました。
2013/10/17

テレビの素人配線

テレビを自分で買って来られて、分配配線も自分で挑戦され、結果上手くできなくて電気屋さんを呼ぶ。

大変よくあるご依頼です。大型店にご依頼されても、いつ来るやら分かりません。
 
地域電気専門店の出番です。

まず、デジタルテレビにはB-CAS(ビーキャス)カードが必要です。今回はきちんと挿入されてましたが、残念ながら反対向きに入っていました。たかがカードですが、入れる方向が分かりにくいんです。
 
次に、アンテナコネクターの差し込みですが、今回は地デジなのに、残念ながらBS放送側に差し込まれてました。
 
次に、同軸ケーブルを途中で延長されたようです。
 

 
大変器用な方とお見受けしました。デジタル放送では同軸ケーブル同志の接続には必ずコネクター接続が必要です。
 


このような裸接続ではダメです。

テレビのコネクターです。ものすごく繊細な加工で驚きました。外皮を直角に加工、中心のスチロールに切れ目加工、意味不明ですが見よう見まねで加工されたそうです。
 

 
脱帽です。金属製のコネクターに取替えさせていただきました。
 

 
すぐに来てくれてありがとうございますとのことでしたが、
今度はテレビ買って下さい(笑)
2013/10/15

日本百名山 剣山に登る

昨日、地方祭の休日を利用して徳島県にある西日本第二の高峰、剣山に登りました。
 
大豊インターを降りて、京柱峠を越えるルートを走りました。
この峠を先ほど調べてみると、
 
「全線が狭隘であるだけでなく、ガードレールが無い箇所や陥没している箇所等もあり、酷道と呼ばれる国道439号の中でも屈指の難所となっている」
 
そうでした。道理で車が少ないはずです。そのかわり、素晴らしい景色を堪能できました。
 

 
まずは、腹ごしらえ、定番の東祖谷のそば道場さんに行きました。
 

 
 
日本百名山の中でもリフトが完備され難易度の低い山とのことで、山登りビギナーの私にはちょうど良い登山となりました。
 

 

山頂が見えてきました。
 

 
振り返ると、紅葉がきれいに色づいてきてました。
 

 
登山リフトは標高差330mを、15分ほどです。
降りたところが1750mですので、頂上まで残りわずか205m、距離にして960mで所要時間約40分とありました。
 
これなら全然平気と軽く登り始めましたが、なかなかキツかったです。
 
途中から植生が変化してきて景色が変わります。
 

 
途中でハッとする景色にも出会います。
 

 
頂上付近では突然視界が開けて、一面熊笹が生い茂る草原が広がっていました。
 

 
なんと爽快な景色でしょう。360度見渡せます。
この解放感、ここち良い風!
 

雲の先には太平洋が見えるはずです。
 

 
尾根伝いに本格的に登って来られる方もおられました。
このルートはビギナーには無理です。
 
最高の天気に恵まれ、気持ちの良い登山を体験できました。
ぜひ、このブログをご覧になられた方は、挑戦してみてくださいませ。
 
おまけの写真は今朝の奥祖谷二重かずら橋です。
 

 

朝一番の訪問でしたので、貸切でした(笑)
 
 
2013/10/13

2013年 川之江秋祭り 初日

今年も川之江秋祭りが始まりましたね。
 

 
ここ数年、一日は必ず雨が降ってましたがこの分だと天気に恵まれそうでなによりです。
 
本日は日曜なのでお店は通常定休日、明日明後日はお祭りのため、休日。
お店は三連休です。
 

 

 
社員さんは一名、お宮様のご依頼で、車に拡声器を取り付けに行ってます。
ほとんどボランティアみたいな仕事ですが、もう20年以上やらせていただいています。
 
私は、新築のCATV工事が隣の旧伊予三島地区であります。
この3日間連続で新築のCATV工事をさせていただいてます。
来年4月までは、新築ラッシュですね。
 
 
 
2013/10/12

太陽熱温水器の水漏れ修理

近所のお客様から、「エアコン室外機から水漏れしてる!」とご連絡がありました。
 

 
30年以上前のナショナルの錆びついたエアコンがありました。
確かに室外機周りに水たまりが出来ていました。
 

 
ムムム、よく見ると一段上の屋根にも水の流れがありました。
 
たどっていくと屋根上の太陽熱温水器のパイプから水漏れしていました。
原因がはっきりしました。ポリパイプにヒビがはいったのが原因でした。
 

 
お客様にご説明すると、修理とともにエアコンも使ってないのでついでに撤去となりました。
 

 
ポリパイプはひび割れ箇所を交換して完了。エアコンは底の部分が無くなってファンモーターがゴロリと転げ落ちる状態でした。これでもガスは漏れてなかったのでさすがはナショナルですね。
 

 
ここまで、朽ちるとリサイクルで引き取りが困難かと心配しましたが、無事リサイクルに引き取りしていただきました。
 

 
1階の天井には残念ながら大きなシミが出来てしました。
後日、大工さんに張替していただくようお願いしました。
 
どちらの大工さんも今は大忙し、来られるのは11月中旬とのことでした。

2013/10/11

浴室リフォーム 基礎工事 生コン流し

本日は浴室とエコキュートの基礎工事でした。
鉄筋、型枠組んで下準備もばっちり。
 
生コンミキサー車を手配して、0.6立米入れました。

立米はりゅーべと読みます。立方メートル(㎥)のことです。
0.6立米はさて、どれ位の重さでしょうか?
生コンの比重は2.3なので、0.6㎥の水が600キロありますから、1380キロになりますね。
 
その、1380キロの生コンをバケツリレーで生コンが固まるまでに流し込みますのでどれ位大変か分かっていただけるかと思います。
 

 

 

 
作業が終わって足元見たらこの通りです。長靴は洗いましたが、ズボンはあえてヨレヨレに着替えまして、作業後はポイしました。
 
豆知識ですが、水を含んだ生コンが固まるのは、水が乾燥するからじゃなくて、セメントと反応して水酸化カルシウムを生成し、固まるそうです。

今日は信号機よりも大きな夕日でしたね。
 
 


 
2013/10/10

お風呂のリフォーム 基礎工事

先日来から取り組んでいる空家の浴室リフォームです。
 

 
作業前はタイルの剥げかかった冬場寒そうなお風呂場でした。
 

 
昨日の段階で、浴槽の撤去、床面のハツリ、間仕切壁の撤去が終わって、鉄筋入れたりして、生コン打設の準備が終わりました。
 
同時進行のエコキュートの基礎も型枠組んで、鉄筋入れました。
 

 

 
本日、生コン流します。
 
おまけの写真、台風明けの夕日って、空気が澄んでいます。いつもより、色鮮やかな夕日でした。
 

2013/10/09

天井裏の電気配線 コンセント増設

日曜日に事前工事させていただいた会社様のコンセント増設工事に行きました。
 
同時注文のエアコン工事を終わらせて3名で行きました。
 
目的はこの他社取付けエアコンの200Vコンセント工事です。
 

 
屋外から天井裏にケーブルを引き込んで、
 

 
点検口経由で目的地まで配線します。
このような点検口を合計、4か所経由しました。
 

 
天井裏は鉄骨の梁やらダクトやらで人は入れません。
 

 
なので、釣り竿みたいな工具(ケーブルキャッチャー)の出番です。
 

 
先端が提灯アンコウみたいに光るんですよ。
 

 
最終目的地のエアコン横まで、ケーブルがたどり着けました。
 

 
無事、事務所を停電させることなくコンセント増設完了しました。
 
2013/10/08

パッケージエアコン 取付編

とある市内の施設で天井埋込パッケージエアコンの工事です。

数日前に取外しの様子はご紹介しましたが、作業が無事完了しましたので
全体を通してご紹介します。
 
 

 
通常は一日で終わる作業なんですが、公共工事で工事写真も必要ですし、工事期間も十分あるため一日半かけて、丁寧に作業しましたよ。
 

 
既設のナショナル製エアコンは長方形なんで、いつも更新時困りますね。
室内機は電動リフトで降ろします。
 
天井裏では、室内機吊り下げ金具の位置変更、冷媒配管、ドレン配管の作業が有ります。

 
当店では業務用エアコンはお客様のご指定がなければダイキン製を取付してます。今回もECO ZEAS80という消費電力も二酸化炭素も最大約80%削減するタイプです。
 

 

 


外回りはこんな感じです。
 

 
フロンガスはボンベに回収して破壊処理します。
 

 
 

 
 

 
秋祭りで大活躍するこの施設。
いよいよ川之江祭りは10月13日~15日です。
 
ご依頼ありがとうございました。