2012/08/17

エコキュート取付工事

数年前にガステーブルからIHクッキングヒーターに取替えしたお客様からご連絡がありました。
 
灯油ボイラーから水漏れし始めたので、この際、エコキュートに取替えしたいとのご要望でした。(ありがとうございました)
 

 
まずは基礎工事から始まりますが、工事中もお湯が使えるように仮設配管でボイラーを生かしておきます。
 
満水時は貯湯ユニットの重さは500キロ近くになりますので、基礎工事は重要なポイントです。
 
 

 
型枠して、鉄筋を入れて、指定の位置に配管工事しておきます。
 

 
しっかりアンカーボルトで固定します。
 

 
元の灯油ボイラーがあった所にピッタリ収まりました。
 

 
給湯にかかる電気代は1カ月当たり約1000円です。圧倒的なコストパフォーマンスで家計にやさしい、燃焼部分がないので地球にやさしい。エコな機器です。
 

 
電気工事は、室内側の分電盤はそのままで、屋外の電力計から分岐ブレーカーで配線する方法をとりました。
 
当店は四国電力の指定工事店ですので、電気のお申込みから工事まで一貫して自社工事をさせていただきます。また、四国中央市水道局指定の給水工事業者ですので水道工事も全て自社施工しております。
 
また、基礎工事、型枠工事も愛媛県の一般建設業の許可業者ですのでご安心くださいませ。
 
見積、申請、工事、アフターサービスまで一貫自社施工です。
 
 
久々におまけの写真を入れます。土居町の蕪崎から見た四国中央市全景です。
 

青い空と白い入道雲のコントラストがきれいでした。
2012/08/03

公民館でパッケージエアコン取替え

地元の公民館のパッケージエアコンの天井吊下げ型、4馬力の取替えがありました。
 

 
最初に行うのが、古いエアコンの中のフロンガスを回収することです。
ボンベに回収して、破壊処理のため工場へ送ります。
 
この作業は法律で義務付けられており、冷媒回収技術者という資格と県登録と年度末に報告の義務がありますので、この作業は私の担当です。
 
公共工事ですので、法令遵守と安全第一で作業を進めます。
 

 
古い東芝製のエアコンでした。
 

 
室内用のパワーリフターで機械の揚げ降ろしをします。
 

 
新しいエアコンはダイキン製のスーパーインバーターと呼ばれる超省エネ型です。
 

 
配管接続後、真空ポンプで真空乾燥、その後、試運転です。
 
 
 
2012/08/03

最近のアンテナ工事

新築でCATV加入者様からBSアンテナの増設依頼がありました。
エコノミー契約ではBS放送がアナログのみしか視聴できませんので、最近はBS増設のご依頼が増えてきております。
 

 
CATVの保安器がちょうど南面にありましたので、すぐ横に壁面金具を取り付けします。BS混合ブースターに取替えしてCATV+BSの状態で室内に送ります。
 
次は住宅メーカー様からのご依頼で新築にBS増設です。
ベランダがガラス張りなのと、室内にBS混合ブースターがあるにもかかわらず、BS用の同軸ケーブルが配線されていないという案件です。難易度の高い工事に限ってご依頼があります。美観優先なので、お客様と入念に配線ルートを打ち合わせします。
 
 

 
 
ベランダの側壁に金具を取り付けします。ケーブルをどこを配線するか、露出部をいかに目立たなく収めるかがポイントです。
 
 

 
地デジアンテナマストまで配線、BS混合して既設配線利用で室内へ送ります。
 

 
室内で再びBS分波器でBSと地デジに分けてからBS混合ブースターに入力しました。
普通はしない方法ですが、BS用同軸ケーブルを追加できないためのテクニックです。
 
次はコンビニオーナー様からの地デジアンテナ工事依頼です。
 

 
テレビ塔の方向には大型マンションがあって、受信できません。
 

 
フラットアンテナで建築中の隣のドラッグストアーに向けて反射波を受信することにしました。意外とC/Nも30dB以上確保できました、ビットエラーレートも良好で愛媛ローカル6局すべて受信できました。デジタルレベルチェッカーという測定器のおかげです。昔の職人さんのような経験とカンではデジタル時代は対応できませんね。
 
最後に、既設CATV加入者様宅にてBS混合して液晶テレビとブルーレイの設置がありました。
 

 
台所のシステムキッチンに組み込みでしたが、お客様の知り合いの建具屋さんが、事前に専用のテレビ台を準備してくれてました。おかげさまでぴったり収まりました。
 
 
 
2012/08/02

水冷の空調設備の修理依頼


 
35年程前に当社が工事した水冷の空調設備の修理依頼がありました。
 
私が小学生のころ、父に連れられて現場に来て、初めて鉄パイプのねじ切りをしたことが思い出されます。
 
今はエアコンは空冷ヒートポンプが当たり前ですが、昔は水冷が当たり前の時代がありました。冷房はクーリングタワーとチラーで冷水を作って冷やします。暖房はボイラーでお湯を作って暖めていました。
 
今まで現役で使用されていたのが不思議なくらいです。
 

 
ケーブルも被覆が朽ちています。
 

 
ジョイントボックスの中の配線も朽ちていました。
 
長い間、お疲れ様でした。
 
新しいエアコンをお買上げいただき、ありがとうございました。
2012/08/02

太陽光発電の様子


 
先日、取付したソーラーフロンティア製のパネルです。本日から、屋上の防水工事を始めました。午前11時頃でしたが、発電量は5.3KWでした。
 


 
モニター画面で確認すると、発電量が5.3KWでした。
自家消費分が1.2KWでしたので、差額4.1KWを売電中です。
1KWあたり10年間固定の42円で売れるので、1時間あたり172.2円稼いでいます。
 
屋上でソーラーパネルがアルバイトしているようなもんです。