2012/06/09

太陽光発電の準備工事

近日中に太陽光発電を取り付ける現場の準備に入りました。
まずは、テレビのアンテナの移設です。
 

 
工事前は屋上の中央に屋根馬式で立っていました。これを、端っこの方に移設します。サイドベースという金物を使用しました。
 

 
この地域は香川県と愛媛県の両方受信できる特別な地域です。
事前に室内側で地デジ13チャンネルすべての電界強度を測定しておきます。
 
工事後に香川と愛媛のチャンネルが同じレベルになるように注意します。
 
金物は溶融亜鉛メッキ、取り付けビスはステンレスを使用します。
UHFのアンテナはデジタル用のオールバンドに交換しました。
 

 
エコキュートの基礎も型枠を取り外しました。月曜日に設置予定です。
 
同時進行中の、病院のリフォーム第三期工事現場では、

 
昨日の夕方までこんな感じでしたが、
 

 
今日の夕方には、配線器具、エアコンのパネル、埋込照明器具など取り付け終了しました。
 
本日も、ありがとうございました。
 
 
 
2012/06/08

本日の新聞折込


今朝の新聞折込に当社の案内チラシが入りました。
ケーブルテレビ会社様のご好意により企画作成されております。
 
いつも、仕事をさせていただいている上にこうして
費用をかけて宣伝までしていただいてありがとうございます。
 
早速、初めてのお客様からお問い合わせの電話がありました。
 
当社はケーブルテレビ工事で地域一番店を目指しております。
 
 
2012/06/07

電話工事、エコキュートの基礎工事、CADで配線図他

昨日行ったケーブルプラス電話の現場です。
ケーブルテレビの仕事は、写真を撮ってもなかなか分かりにくいですが、保安器周りを撮りました。
 

 
工事前のインターネットのみ加入の状態です。白いケーブルがインターネット用のRG59サイズの本来は青い色の同軸ケーブルです。
 

 
プラボックスを付けて電話用と2分配します。接続口には、セキュリティパイプと呼ばれる特殊工具がないと脱着できないパイプを付けています。
 
今日行ったエコキュートの基礎工事です。こちらは、担当の社員にまかせています。
業者によっては、簡易プレートを敷いて基礎工事を省くようですが、当社は必ず鉄筋を入れて型枠を組んで、基礎工事します。エコキュートは満水時は600Kg程の重量となりますので大切なポイントとなります。
 

 
合間に、事務所に帰って電気配線図を書きます。
最近は建築会社様から、CADのデータで配線図が送られてきます。
 

 
CADはレイヤと呼ばれる、いわば透明シートを重ね合わせた仕組みになっています。例えばレイヤ0には通り芯、レイヤ1には躯体、レイヤ2には建具などとなっており自由に個別に書き換えや重ね合わせ印刷の有無が選べます。空いたレイヤに照明器具、コンセント、スイッチなど追記して、メールに添付して送り返します。
 
建築士の勉強中は手書きで、山のように設計図を書いて学びましたが、いざ実務になると100%CADで図面を書くようになりました。事務所にはりっぱなドラフターもあるのですが・・・。
 
 
次は、電気回路の点検依頼です。こちらが、屋外のボックス内です。
中央のNFBと呼ばれるブレーカーに要改修のシールが貼られていました。
 

 
電気保安協会の方が定期点検に来られて、どこか不良箇所があると、シールを貼って注意を促します。協会の方は点検のみで、改修作業は行いません。
 
もよりの、電気工事店にて点検改修後、ハガキで報告するよう求められます。
 

 
こちらが室内の分電盤です。絶縁抵抗計で不良箇所をしぼります。10回路あって3箇所がグレーゾーン、1箇所が不良回路と分かりました。
 
お客様と相談すると、今は使用していないお部屋とのことで、とりあえず、不良回路だけ切にして、安全を確保のうえ、保安協会の指示を待つことにしました。
 
この後、ファクスの点検、プラズマテレビの修理、洗濯機の点検、蛍光灯の取替と今日も、もりだくさんの1日でした。
 
 
 
 
 
 
 
2012/06/06

繁忙期突入、ブログ更新が遅れています

徐々に気温も高くなってまいりました関係で、当社の仕事も繁忙期に突入しました。
 
連日朝7時半から夜10時頃まで仕事しております。
 
エコキュート、太陽光発電、リフォーム現場、新築現場、エアコン工事、CATV工事とさらに家電量販店様からのご依頼と忙しいときは仕事が重なります。
 
従来は家電量販店様のご依頼は、大部分を協力業者様にお願いしておりましたが、今後は自社工事となりまして、社員も3名増員となりました。
 
ブログの更新も遅れがちになりそうですが、今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
2012/06/04

CATV 柱上作業

午前中は会議で高松に行っておりました。
午後から、CATV工事でした。
 
テレビ5台、BS混合、インターネット、電話、無線LANお買上げ設定、アンテナ撤去、と1軒のお家でしたが、フルコースでした。
 

 
屋外に金属製ボックスが有り、分配器やブースター電源部の取替は簡単でした。
電話用のCD管も十分な大きさです。
 

 
中央の分配器は今回CATVには使用しませんのでそのままです。
 

 
今回の山場は電柱作業です。観覧車に怖くて乗れない私ですが、なぜか電柱は大丈夫です。安全帯をしますので、屋根上作業よりは、むしろ安全です。
 
BS混合ブースターを取り付けします。
 

 
先端のUHFのアンテナ撤去ご希望で、コンクリート柱の最上部まで上がりましたが、これ以上はグリップがないので断念しました。撤去はこの後来てくれたバケット車にお願いしました。安全第一です。
 

 
次の山場はテレビ裏の配線でした。テレビが2台にレコーダー3台、DVD、スカパー外付けハードディスクとHDMIのセレクターとすごい本数でした。
 
本日もありがとうございました。
 
 
2012/06/03

天井裏でCATV工事(テレビ編)

昨日は、時間切れで更新できませんでしたので、只今から投稿します。
 
今日は、終日CATV工事でした。
1軒目テレビとインターネット、天井裏配線有り、アンテナ撤去有り、2軒目がテレビとインターネットと電話、建物間架空配線有り、天井裏配線有り、無線ルーターお買上げ設定有り、3軒目インターネットのコースでした。
 
1軒目の天井裏です。
 

 
木造住宅ではたいてい天井裏に分配器があります。このプラスチック製のネジ止め式の分配器はデジタル放送には未対応ですので交換が必要です。
 

 
デジタル放送対応のブースターと分配器を取付します。
 
私どもが困るのが、テレビは4~5台有るにも関わらず、1台分の工事費で後のテレビはお客様がご自分で調整されますという工事指示書の時です。
 
契約時に担当者が初期工事費を安くするため、安易に1台分で契約し、残りのテレビはお客様に、ご自身でのチャンネル調整をお勧めしてしまうようです。
 
確かに1台当たり5,000円の工事費が追加されますが、これはチャンネル調整だけでなく、ブースター、分配器、壁のユニット、スルー線、、不良ケーブルの引き替え、測定器による信号確認まで、すべて含んだ費用ですので、決して高い費用ではございません。
 
現場で、時間を掛けてご説明しますが、毎回悩みの種です。
当社契約分の場合で、チャンネル調整のみの場合は工事費はいただいておりません。
 
基本的に1台分の工事費でチャンネル調整だけで済むのは新築の場合だけです。
 
2軒目の天井裏です。
 

 
金属製の分配器に取替します。
 

 
本日取替した分配器の一部です。
 

 
2軒目は既設配線利用テレビ1台でしたが、実際にはテレビは3台でした。
ご説明の上、3台分の料金にて着手しましたが、分配器の数にびっくりです。
 
3分配器 → 3分配器 → 2分配器 → 2分配器 
しかも、ケーブルは途中でねじり接続の箇所も数箇所発見、1系統は3Cというデジタル放送では使用できないサイズのケーブルでした。
 
結局、既設配線を利用したのは1系統のみで、残りは同軸ケーブル引替えし分配器交換しました。これでも1台分5,000円の工事費ですので、お得感があると思います。
 
ねじり接続の話題と同軸ケーブルの固定をステップルという、VVFケーブル用の又釘で固定したときの、地デジ障害についても機会があればご紹介したいと思います。(他社様の工事の手直し依頼で多いです。)
 
2012/06/01

新築にてCATV工事


 
本日のお仕事のメインは新築現場でのCATV工事でした。
屋外の電柱からの引込みは、バケット車を持った指定業者様におまかせします。
 
外壁に取り付けられた保安器以降が当社の担当となります。
 

 
外壁が真っ白な所にインターネット用の青い同軸ケーブルが露出配線されると、目立ちますので、美観を保つために同系色のビニルテープで仕上げます。ちなみにこの美観工事を実施しているのは市内では今のところ当社のみです。
 

 
ヘルメットを被って、保安器につなぎ込みします。
 
テレビ用の同軸ケーブルは既に建築工事側でユニットバスの天井裏まで配線済みでした。インターネット用の同軸ケーブルはCD管と呼ばれる配管を利用して、ユニットバス経由で目的地のモデム設置場所まで隠蔽配線します。
 

 
モデム設置後は、手持ちPCにて通信速度の測定をします。次に、お客様支給の無線LAN親機に接続、お客様のPCにてインターネット接続確認、メール設定、プリンターの無線設定、お客様のスマートフォンのWi-Fi接続と続いて、最後にFセキュアと呼ばれるCATV会社様にて管理運営されるセキュリティソフトのセットアップと続きます。
 
平行して、各テレビユニットにて、信号品質の測定、テレビや録画機器のチャンネル設定をさせていただきます。今回は新築ですので、「新築キャンペーン」適用でテレビが何台あっても工事費は1台分でOKです。
 
まだ、電話がNTTでしたので、ケーブルプラス電話の追加ご加入もご説明させていただきました。当社の良い所は、CATVのご説明、ご契約、工事、メンテナンス全てを私一人が担当しますので、数はこなせませんが、高品質なサービスを自負しております。ぜひ、CATVのことなら当社にご相談下さい。