2019/08/28

台所で電子音ピーと鳴る パート2

お客様からお電話があって冷蔵庫から時々ピーと鳴るから見に来てほしいとのことでした。「電池がない」とかしゃべってるとのご説明もありました。

冷蔵庫には電池は入ってませんし、ドアもちゃんと閉まっているとのことなので以前あったノーリツのガスコンロの電池切れかと思いました。その時の話しがこちら
https://amaidekopon.blog.fc2.com/blog-entry-1112.html

でもこちらのお客様はIHクッキングヒーターにしていただいてたのでそれも違う。ということで現地訪問してみました。

ときどきしか鳴らないのでピーとなる度に耳を澄ませて・・・

今回の電子音ピーが鳴る原因は天井に取付ていたパナソニック製の住宅用火災報知器の電池切れの合図でしたよ。

img_standard02.jpg

中の電池は約10年で寿命をむかえるため、電池が消耗するとピー音が鳴ってお知らせするんですよね。他の部屋にも同じものが何か所か付いているということで後日新しい火災報知器と交換することになりました。

PRI_20190826-184157.jpg

電池交換するのではなくて本体交換をおすすめしてます。次の電池交換までまたにさらに10年間使い続けることになりますからね。

PRI_20190826-184315.jpg

メーカーさんのウェブサイトにも火災警報器の本体寿命と電池寿命は同じ10年なので電池交換ではなく、本体交換をおすすめしてました。
2019/08/24

14年前のエアコンでも修理出来る場合があります

業務用の天井埋込エアコンの風の吹き出し口がふさがったままになるという故障がありました。せっかくちゃんと冷風が出てるのにこれでは冷房が効きません。

困ったことにこのエアコンの付いている天井高さが4m近くあるんですよ。まず型式を確認するのもちょっと大変。

IMG_0769.jpg

しかも製造年が2005年製と今から14年前の商品でした。ひょっとしたらもう部品の入手は難しいかもしれませんよとご説明したんですけど、ちゃんと部品はまだありました(^-^)

IMG_0768.jpg

こんな小さなモーターで14年間も頑張って来たかと思うとなんかお疲れさまって気分になりました。

IMG_0770.jpg

お盆前からの仕事のご依頼がまだ残っておりまして、今月末まではお急ぎでない仕事のご依頼はお待ちいただくかお断りさせていただいております。人手不足で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
2019/08/06

衣類乾燥機の修理 途中で止まる 丸ベルト交換

パナソニック製の5年程前にお買い上げいただいた衣類乾燥機が途中で止まるということで修理にお伺いしました。

ある操作をすることでエラー表示を再現することが出来ます。今回のエラーはファン回転異常でした。わりと多い故障ですね。

IMG_0601.jpg

裏蓋を開けて丸ベルトの確認したら、元々のベルトの直径の1/4程に細くなって空回りしてましたね。

IMG_0620.jpg

この送風ファンを回す丸ベルトは構造上フェルトに当たりながら回るんですよ。部品交換時はそこにグリスを塗るんですけどね。

IMG_0618.jpg

なぜこういう構造なのか長年の疑問です。これではいつか必ずベルトが切れますよね。

それと疑問と言えば裏蓋のビス穴なんですが、普通は矢印マークのところが使用するビス穴のはずですけど、衣類乾燥機の場合は矢印マークのところは使用しないマークなんですよ。テレビなんかとは反対の意味になってます。これも長年の疑問。

IMG_0622.jpg

想像するに鉄板にビス止めするので何回もビスを脱着すると締めれなく恐れがあって最初は矢印のない所を使用して締めれなくなったら矢印のビス穴を使うんでしょうか?

私の場合はビスを外すときにマジックで印つけてますので悩みませんが、勢いで裏蓋を外してしまうと後で組立するときにアラ?ってなるんですよね。

追記(2019/08/15)
「ベルト摩耗の原因がファンケースユニットにあるからベルト交換のみでは再発します。整番で対策機種あり」との貴重なコメントを頂戴しました。大変勉強になりました、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
2019/05/11

1年前に購入した液晶テレビ 画面を割っちゃった

最近の薄型テレビと言えば液晶テレビか有機ELテレビですけど、画面が割れやすいので注意しないといけませんねという話題です。

ほんの1年前に購入されたSONYの55型の液晶テレビの修理見積依頼がありました。お話しをお伺いしてみると奥様が掃除機をかけていてうっかり液晶画面に当ててしまったということでした。

そこだけ、映像が出なくなってしまったので液晶モジュールを交換しないといけなくなりました。

画面を手で触ると分かると思いますが、想像以上に衝撃に弱いんですよ。以前のテレビなら画面はガラスでしたからそれなりの強度があったんですけどね。

自然故障の場合は購入後1年以内ならメーカーで無償修理してくれますけど不注意で画面を割ったときは有償修理となります。

もちろん修理延長保証に入っていても対象外になります。

それで、修理する場合の費用ですけど部品供給される液晶モジュールはいわば定価販売みたいになりますし、それに修理費用がプラスされますので新品に買い替えた方がだいぶお安くなるという結果でした。

外目に見た感じではほんとにきれいな問題ないテレビに見えるんですけどね・・・もったいない

IMG_9865.jpg

結論的には1つ新しいモデルのテレビに買替していただいて、古いテレビはリサイクル工場行きとなりました。

皆さまもテレビの画面に硬いものをぶつけないように気を付けましょう!
2019/04/26

パナソニック液晶テレビ 電源切れる 赤ランプ点滅

8年前に販売したパナソニックの液晶テレビの修理の話題です。
型式は「TH-L32C3」32型の大変よく売れた機種です。スイッチを入れるとしばらく正常に映った後、電源が切れて真っ暗な画面になるとのことでした。

PRI_20190425-194854.jpg

点検でお伺いして私たち電気店の人が確認するポイントがあります。それは電源ランプの点滅回数なんですよ。

電源が切れた後に何回赤ランプが点滅するかでどこが故障してるかの判断をしています。

電気店の技術サービスの資格を持った人だけが見えるウェブサイトがちゃんとありまして型式と症状を検索すると、どの部品が悪い可能性が何パーセントとか見れるんです。ほんとに便利になりました。

それと液晶テレビの場合で修理をするのがいいか、買替をお奨めするのがいいかの分かれ道があります。
液晶モジュールの故障なら買替、その他の部品なんら修理対応も有りといった具合でしょうね。

今回は赤ランプの点滅が1回でした。
残念ながらバックライト異常検知でして液晶モジュールの交換が必要な状況でした。

買替をお奨めさせていただきました。

ところで当時のテレビのカタログには液晶の寿命は何万時間とか記載がありましたけど最近見かけなくなりましたね。
液晶テレビだからプラズマテレビよりも寿命が長いなんても言われてましたけど・・・
決してそんなことはないという実感がありますね。